「空六六六」修行ノ語リ「水無月」3話アップ!


 こんばんは、浮草堂です。
 春ですね!(満面の笑み)
 ミドリムシ並みに太陽光大好き乙女として、冬の終わりほど嬉しいものは少ないです。
 キャップとジーンズ姿で徘徊しておりますですのよ。
 最近ベリーショートにもしましたのよ。
 恐ろしいほどハンサムですのよ。
 たまに性別をめっちゃガン見して確認されますのよ。
 わりぃなあ! そのイケメンは女だよ!(胸を寄せてあげながら)


 さて、「空六六六」修行ノ語リ「水無月」3話アップしました! 以下URLよりどうぞ!

 小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/1077684/

個人サイトキクムラサキ式
http://zankokusyosan.moe.in/

 
 精神を怪物と変えた少年と、最上級悪魔【鉄の女王】メフィスト・フェレス。
 刀と銃で紡がれる、現代ファンタジー戦記。
 目に見えないものは存在しない。目に見えるものは必ず殺せる!



 出会いが出会いであったのは認める。しかし、こうも無表情に不服なツラができるものか。
 目の前の少年を見上げて、内心舌打ちする。
 他に弟子がいないと知ったときから、露骨なツラになっている。
 もっといいのが良かったとでも言いたいのか貴様。
 座右の銘。武人は単純であれ。
 かくして、一刀斎は即座にヤキを入れてやることにした。なめられたら二度となめられぬようにビビらせるのだ。武人は単純であれ。
 まだ詰め襟のガキを睨みつける。
「斬られた痛みを教えてやる。今から貴様をたたっ斬る故、貴様はまっすぐ突っ込んで来い」
 抜刀。次の瞬間、傍らの梅の木を両断する。
 どさりと木の半分が地に落ちる。少し惜しく思ったが、口には出さない。代わりに嘲る。
「どうした? 早く来い」
 無銘ながら白々とした秋水を見せつける。さすがに恐れたであろうと口角を上げる。
 ガキはじいっとその日本刀を見つめている。そして確認する。
「まっすぐ突っ込んで斬られるだけでいいんですね?」
 相変わらず表情がない。
「うむ。早うやれ」
「わかりました」
(本日更新分より)


 舞台は京都、学ぶは剣術、知らぬは恋なる不可思議感情。いくさの支度をご覧あれ!


WEB拍手ありがとうございました!

 2月10日 9時 16時 2月24日 18時
にパチパチくださった皆様

ログが流れてしまいましたが(すみません)ブログ拍手ありがとうございました!

 皆様の拍手で今月も更新できた浮草堂でした。
 

「空六六六」修行ノ語リ「水無月」2話アップ! トップページちょこちょこ手直し。

 まず最初にお知らせです。
 今後、WEB拍手およびブログ拍手への反応がかなり遅れることがあります。
 予約投稿機能を使用するため、予約した段階で確認できた拍手までしか反応できないためです。
 しかし、冷静を装っていますが、拍手を確認した際はことごとくジャンピングガッツポーズを決めております。
 どうかご覧下さったら拍手をポチっとしてくださいませ……!

 さて、現代ファンタジー小説「空六六六」修行ノ語リ「水無月」2話アップです!

小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/1077684/

個人サイトキクムラサキ式
http://zankokusyosan.moe.in/

 季節も青い、京のまち。心もブルー。カッパはみどり。悪魔と契約した少年、剣術修行のはじまりはじまり。

 言葉が通じないことがよくある。
 故に、七竈納はコミュニケーションが苦手だ。
 それが苦手だと、怒られるし嫌われる。
 故に、彼は人づきあいが苦手だ。
 しかし、苦手なことでもやらなくちゃいけない。
 目の前の店員はまた同じ言葉を繰り返す。
「そちらは汚れがございますので……」
 納は言葉を換える。
「売ってはもらえないのでしょうか?」
 店員はまたリピートする。
「そちらは汚れがございますので……」
 それは1回目に聞いたときにわかったんだけどなあ、と思う。
 聞いているのは、このカッパはいくらで買えるのか、あるいは非売品なのかである。
 しかし、店員は汚れがあるとしか言わない。作り笑いを露骨なものにしながら、頑なに汚れがあるとしか言わない。
 嫌そうな顔で笑顔を作っている。逆に納はいつも通りの無表情で突っ立っている。
 京都はこういうことの頻度が多い。だからあんまり好きじゃない。
 同じく無表情なカッパをまた見る。
 どこかふてくされた顔のカッパである。自分も同じ顔をしているのかもしれない、と思う。
 と、いうことは表情はあるのか。
 しかし、これ以上どうやって回答を絞れば良いのだろう。もはやハウマッチではなく、イエスかノーかを問うだけになっている。
「むう」
 質問を考えこむ。店員の嫌そうな雰囲気が増す。(本文より)


 今回はクッション材的なお話です。浮草堂作品ではレアなタイプの美形。「女と見まがう美しい男」鏑木一刀斎、あまりにひっでえ初登場です。

WEB拍手ありがとうございました!

 1月25日 10時にパチパチくださった方

ログが流れてしまいましたが(すみません)ブログ拍手ありがとうございました!

 皆様の拍手で今月も更新できた浮草堂でした。

サイト改装! 空六六六連載再開!

 ( ゚д゚)
 あまりにもスムーズにサイトをアップロードできて呆然としている美奈ちゃんです。
 いや、だって、今まで毎回初回アップロードでつまづいて! 2時間くらい! それが今回40分で!
 ( ゚д゚)
 
 え、えー、そんなわけで、空六六六以外のページが工事中ですが、サイトを改装しました。
 工事中ページはぼちぼち作成していきますのでちょっと待っててくださいね。
 待っててくださいね! ホント待っててくださいね!!!

 そしてこちらは、お待たせしました。
 空六六六連載再開です!

 今までと仕様が変わりまして、メニューページから各章の冒頭へ飛び、そこからスクロールしてご覧いただく形式となりました。
 ……今っぽい!!!

 空六六六、今後は月刊連載となります。
 吾輩の辞書にエタるの文字はない。
 と、いうわけで、完結までお付き合いをお願いします。同人誌版の方が早く続きが読めますが、たいていのことはお金で解決できますのでよろしくお願いいたします。

 さて、空六六六。「水無月」第一話。
 舞台は京都。怪物少年、剣術修行。知らぬは人の恋心。
 
 堀川通に向かう道は狭く、細長い民家がぎっしり寄せ合っている。
「おお、篝火(かがりび)君」
 晴明神社の手前で呼び止められる。
「おはよう。なんやおっちゃん」
「今、あんたん家(ち)行くとこやったんや」
 坊主頭の神主は汗を拭う。体型もだるまそっくりなので、しょっちゅう僧侶と間違われている。
「陽炎(かげろう)君、おるか」
「兄貴やったらまだ寝てるで」
「そうか……いや……せやなあ……」
 きょろきょろとあたりを見回す。珍しくせわしない。
「また、誰かおったんか」
「ああ。うん。せやねん。せやねんけどな。ちょっと来てもろてええか」
「俺が?」
「うん。見間違いや……思うんやけどな」
 晴明神社の敷地には、誰でも入れる場所にベンチがある。
 昼間は観光客の休憩場所だが、夜でも使える。
 使うのは、酔っ払いと、反抗期と、そしてまれに、何かから逃げてきた人。
 それはこの神主が近所の親戚であるという理由で、知っている。
 だが、それの確認に来てくれなどと言われるのは初めてだ。
 前に偶然発見したことはあったが。
「かがり火」
 その発見した少女の声がリフレインする。
 ベンチで体を小さく丸めて、くうくう寝息を立てていた。
 短くて癖のある黒髪。反対に長くてすんなり伸びた睫毛。白いシャツにサスペンダーで吊った黒い半ズボン。すりきれた子供用フォーマルの下から長い足が伸びていた。足首まではうっすらベージュがかっているのに、そこから下はきゅうと白い足袋で絞ったような足。桜色の爪だけが鮮やかな花。
(本文より)

 切ない6月の物語、しめやかに鮮やかに開幕です!

ログが流れてしまいましたが(すみません)ブログ拍手ありがとうございました!
皆様の拍手で、連載再開できました! アリガトオオオオオ!

大学生になりたいあなたに、大学生になれなかった私が贈る言葉

 すまない、便乗商法だ。
 
 いやいや、巧妙タイトルでしょう。私のタイトルセンスは「アラビアン男の娘はランプのドS!? ドM上官を蝋燭調教しなさいっ!」から「空六六六」までという100と-100くらいの振れ幅がありますからね。今回は30くらいはいけたんじゃないですかね。
 だってセンター試験当日に大学生になる心構え聞いてもねえ。その時間にカツ丼とキットカット食べたほうが役立ちますよ。脳みそはカロリーで動くんですから。

 そもそも、今回は一日女子大生やってきました(はぁと)な話なので、まるっと釣りタイトルです。

 ……。

 謝ります。すみません。

 そういうわけで、前回の続きです。
 奈良女子大学の公開講座のポスターを発見した浮草堂美奈(30歳 通信制高校卒)、飛ぶがごとく申し込みメールを送りました。
 講座名は「詩は絵のごとく-イギリス文学と視覚的表現-」
 緊張のあまり、申し込みのメール文章が老婆っぽかったのは否めません。
 返信。
 受付完了のお知らせ。
「よっしゃーーーー!」
 格付けチェックのGACKTがキンショーと組んだ時のポーズ。もう一流大学生決定の勢い。
 が……。
 人間、欲望には制限がないものです。何かを欲する心というのは、悟りを開くかギロチンにかけられるかせねば止まらんのです。
 恐る恐る問い合わせ。
「入り口からちょっと中を覗くだけで充分ですので、大学の図書館というものを拝見できませんでしょうか(要約)」
 だって見たいじゃないですか。
 それこそ小説にはしょっちゅう出てくるところですよ! 小説に大学生が出たらパンツはくように図書館にいますよ! でも、どんなとこか想像もつかない! いや、ちょっとだけつく! 高い本がいっぱいある!
 返信。
「関係者以外立ち入り禁止ですが、図書館の中がどういう風になっているかはお教えできますよ(要約)」
 言葉は出ないが激しくヘドバン。
 マジか。たぶんこのメールくれた人、ホグワーツで監督生だったんだ。
 とにかく、これで一日だけは女子大生になれることが決定したわけです。
 講座は二時間。
 予習をせねばなりません。
 予習をせねば、二時間空を見つめて終わりです。
 できれば先生に当てられてさらに褒められたい。
 よし、予習だ! 

 講座内容は

「移ろいゆく<時>の詩とエンブレム」
講師:齊藤 美和 (文学部言語文化学科 准教授)
「シェイクスピアのエクフラシス」
講師:西出 良郎 (文学部言語文化学科 教授)

 うむ。とりあえず、シェイクスピアを読めばなんとかなるでしょう。
「ロミオとジュリエット」と「ハムレット」と「リア王」は持っているから……。
 ダッシュ トゥ ザ ブックオフ
「ヴェニスの商人」「真夏の夜の夢」「マクベス」をゲット。
 ダッシュ トゥ ザ ジモトノホンヤ
「オセロー」をゲット。

 全部新潮文庫で固めたラインナップ。一番よく売っている以外にない理由。ほとばしるリビトー。燃え上がるパトス。
 
 そしてノート! なんか大学生が持ってそうな茶色いノートがいる! 大学生になるから!
 
 ダッシュ トゥ ザ ムジルシリョウヒン。

 茶色で無地の表紙! 持ってそう! 大学生が持ってそう! 私のイメージで!

 しかし、その段階で二週間を切ったリミット。
「オセロー」と「マクベス」しか読破できませんでした。
 ま、まあいい! しょうがない! どうしようもない! 後、シェイクスピアのセリフマジかっこいいな! オセローの男のドロドロ嫉妬めっちゃ好きなヤツだわ!
 そして当日。
「ぼくのかんがえたさいきょうのじょしだいせい」ルックを纏います。
 茶色のロングスカート、白の綿シャツ、ネイビーのベスト。メイクはファンデーション、チーク、眉墨のみ。白のソックスにスニーカー。布製のトートバッグ。
 本当は、ミニスカート、キャミソールにフェイクファージャケット、盛れるだけ盛ったメイク、盛れるだけ盛った爪が真のさいきょうなのですが。それはハードルが高すぎる。
 また、妹も別の大学ではあるものの女子大生だった時代がありますが。
 中学のころから着ているTシャツが現役で、日焼け止めが医薬品枠という、逆にハードルが一番高い服装だったので却下です。
 こちらは夢豚なのです。ハイスペックすぎるヒロインも、リアルすぎるヒロインも夢主では困るのです。
 大企業の御曹司に出会ったのが、国費で留学したハーバード大学でジョギング中に、では夢小説ではない! ただのふだん自分が書いてるヤツ! 恋が始まるけどBGMが銃声!
 
 と、いうわけで、上から下までさいきょうの女子大生ルックの朝。

 気づいた。
 
 一瞬で夢は爆破され、私は覚醒する。

「ノートの取り方知らねえ」

 続く!

 



WEB拍手ありがとうございました!

 1月10日 20時
にパチパチくださった方

ログが流れてしまいましたが(すみません)
ブログ拍手ありがとうございました!

 皆様の拍手で、サイト作り直し作業がはかどる浮草堂でした。

大学と書きまして、エルドラドと読みます。

 メリークリスマス! 今年もおうちでケーキを食べた美奈ちゃんだよ!
 前回の続きで10月の話をするよ!
 ホントに前回の続きという理由だ、殺すぞ。

 さて、大学に対する夢が半端ないというところまでお話ししましたね。
 この夢というのは、夢小説の夢と同じと思っていただいて間違いありません。
 公式で一ミリも出てこない自分が次元を越えて、二次元のイケメンの彼女になる、そういう夢と同じ意味の夢です。
 この夢はかなり成長してから抱いたもの……正確に申し上げると20も半ばを過ぎてから抱いた夢。
 大年増を過ぎて夢豚に目覚めたと思っていただければ、わかりやすいですね!
 実はこの年齢まで、大学とは働きたくないために遊びに行くところだと思っていました。
 ですが、このくらいの年齢になると大卒の友人から「学生時代の思い出」を聞くようになり。
 眠れる豚が目覚めたのです。
 彼らの話を聞く限りでは、大学というものは。
「教室の両端同士で会話をするため、教師の声を超えるボリュームで話したりしない」し。
「授業中せんべいでキャッチボールしたりしない」し。
「授業を聞いていることを理由に、悪口を言われたりしない」し。
 なんと! まず基本は「授業中は私語を控える」そうじゃないですか!
 マジか。
 なんだそれは。
 そんな教室漫画でしか見たことないぞ。
 全員が授業中にデスノートを書いているんじゃないか。
 新世界の神になりに行くところだったのか大学とは。
 いや、本気でそう思いましたね。デスノート書くのに必死だから静かにしてるんだ。そうでなきゃ授業中必ず誰かが「ベスプッチーーー!」とかちょっと響きが変わった人名を絶叫するはずだ、と。
 しかし、そうではないようなのです。
 大学生というのは別にデスノートは書いていないようなのです。
 授業中していることは主に勉強のようなのです。
 それを理解した瞬間、心の夢豚が雄叫びを上げました。

「楽園やーーーーーーー!」
 
 マジか! マジでそんな夢のような場所があるのか! エルドラドやないか! 
 
 つまり大学生というのは選び抜かれたレコンキスタ軍の精鋭にして貴族!
 略奪殺戮破壊ではなく、知力でエルドラドを征服した冒険者!
 これぐらいはできるに違いない!

 その思考によってできた大学生が使えるスキルがこちら!

・古典は源氏物語くらいまで書き下させる。
・おおざっぱなヨーロッパ史は知っている。
・日本史は安土桃山時代の各地の大名の動きくらいまで知っている。
・政治経済は共産主義の仕組みをうっすら知っている。
・おおよその世界地図は描ける。
・↑全部は授業ではなく独学で覚えた。
・英語で日常会話ができる。
・さらに受験勉強までできる。
・さらにさらにすごい専門知識を持っている。
・なんかレポートというものを毎日書いている。
・しょっちゅう論文を書いている。
・英文科の学生は若草物語のミュージカルをやった経験がある。
・経済学科の学生は片手でネクタイが結べる。

 途中からいきなりわき出るふわふわ感!
 
 つまり「・↑全部は授業ではなく独学で覚えた。」の行までは私も一応(激しく一応)できることですが。
 そこから下の行はまったくできない! 内容を想像すらできないのです! ラスト二行が意味不明!? 夢小説は書いてるヤツのみに重要な設定がつきものだろうが!

 そうやってエルドラドに憧れて書店に行った数年前。
 購入した神戸大学(なんとなくかっこいい響きだった)の赤本。
 唯一理解できたこと。
 私は船にすら乗れない。
 ……問題の意味すら……理解できない!

 廃品回収車に揺られていく赤本を見送り、地面に崩れ落ちました。
 それから5年。地面に崩れ落ちながらもブヒブヒ鳴き続けて、5年。
 駅で見かけたあのポスター。

 奈良女子大学 文学部<公開講座>

 ポスター前にはりつき、何度も確認。

 これは……これに申し込めば……
 1日だけ女子大生になれる!

 つづく!

 WEB拍手ありがとうございました!
 12月23日 16時

 ブログ拍手ありがとうございました!
 12月23日 23時
にパチパチくださった皆様

 皆様の拍手で大きく帆をはる浮草堂でした。
プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます。
サイト キクムラサキ式
サイト、小説家になろうに小説掲載中。
同人誌即売会にも、不穏な小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード