ちょびっとヘヴンズ・ドアー語り

 えー、先ほど友人に「そろそろ寝ないと死んじゃわない?」と聞かれた浮草堂です。(PM9時半くらい)
 ちょっと人生を考えました。
 でも、今日も昼まで寝てました。
 明日は起きますよ! ゴミの日だから! (そこかよ)

 皆さんがそうさく畑を楽しんでいる間に、私はドリフターズの3巻を読んでいました。
 読んでいました(血涙)

 いやー、でも、相変わらずマジ面白いです!
 ストーリーは? と問われると
 島津豊久 織田信長 那須与一が中心となって、異世界で国盗りする物語。登場人物はだいたい歴史上の人物で、全員頭がマジヤバい。って感じ。
 個人的にジャンヌ・ダルクの火刑のシーンは、ちょっとグロ苦手な私(本当だよ!)にキましたが、でも全然問題なく読めました!
 有名だけどおすすめ! 超おすすめ!

 ちなみにこの漫画の、「全員頭がマジヤバい」はヘヴンズ・ドアーのテーマでもあります。
 パクリじゃない。
 ヘヴンズ・ドアー途中まで書いた後で読んだ。
 いや、ちょっと語りみたいで恥ずかしいんですけど。
 基本的に「人殺してまで何かを得たい人間」って頭おかしいと思うんですよね。
 だって、私、「100万円やるから人殺して」って言われたら嫌ですもん。
 死刑執行人とかの方は別ですよ無論。軍人さんとかも別ですよ無論。
 もしあなたがですね、「100万円やるから人殺して」って言われたらやります?
 やらない人がほとんどだと思います。
 それを「小遣い稼ぎ」とか「思想が違う」とか「先に行くのに邪魔だから」とかいう理由でぶっ殺して、何の良心の呵責も無い。
 そういう、「頭がおかしい」人間が、ヘヴンズ・ドアーに出てくるすべての人間です。
 登場人物全員狂人。
 それをテーマに書いてます。

 今日の晩ごはんはありません。ダイエットだよ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード