福岡旅行に行ってきました4

 職業訓練所からの帰り道、無性に味噌汁が飲みたくなりました。
 それも家で作る薄味のじゃなくて、インスタントの塩辛いの。
 飲んでから気づきました。
「あ、熱中症になりかかってたんだ」

 さて、博多の夜が来りました!
 それまでにばけとらさんが持ってきて下さったスダチのお菓子を食べたりしていましたが、我々の食欲はそんな事でくじけはしない。
 その前にアロマの足つぼマッサージも行っているので、疲労も良い感じに取れてます。
 そして博多の夜のグルメですよ!
 期待しないはずがないでしょう!
 少なくとも、福岡出身のデュエルが「福岡なんて飯が美味い以外何もないですよ」と吐き捨てた時に、「飯が美味いんなら良いだろうがよ!」と反論しそうになった、まずくて高い県民から見たら!
 
 ホテルから天神までは意外と遠いようです。
「人数も多いし、タクシー分乗していけばいいんじゃない?」
 即座にG兄さんが命じます。
「よし、ぽっちゃり3(スリー)、お前ら三人で乗れ」
「誰がぽっちゃり3だ!?」
 デュエル、オレンジ、ばけとらさん、即座に反応した時点で負けです。
 そういう訳で、タクシーに乗ったのですが。
「おっかしいなあ……」
 店の付近で同じ場所をぐるぐる廻る我々が乗ったタクシー。
 ナビがひたすら回転しています。
「お店の名前なんですか?」
「え……知らない……」
 誰か一人ぐらい店の名前は覚えておこうぜ……私も忘れたけど。
 結局、他のタクシーに乗った人達に迎えに来てもらいました。
「鶏水炊きコースっての頼んでるから。後、この後屋台行くから」
「からあげたのもう!」
「チキン南蛮頼もう!」
「人の話聞いてる? 屋台に行くっつってんだろ」
 しかし、私達なら大丈夫、問題ない。鳥刺し美味しいわー!
 ……のはずだった。
 〆の鶏がらスープのラーメンで、私の胃袋はダウン。
 更に、この時の時刻は深夜12時。眠気的にもダウン。
「すみません……私、タクシー呼んで、先帰ります」
 そこに翌日仕事のデュエルも乗っかり、酔っぱらったオレンジは押し込まれ、タクシーは一路ホテルへ。
 あー屋台行きたかったなあー、でも入らんわー……と、30分ほど入浴などをしていたら……
「ただいまー!」
 同室のA姐さん。M姐さんが帰って来ました。
「すみません、お風呂入ってて、っていうか早くないですか!?」
 お風呂から出るとお二人が……。
 びっちゃびちゃになってらっしゃる!?
「いきなりの豪雨やった……!」
 実はこの数日間、九州は豪雨で最早災害レベルになっていました。
 我々は上手く昼間は晴れだったのですが、皆が屋台に繰り出した頃、バケツどころか盥をひっくり返したような雨に見舞われたそうです。
 仕方なく、ホテルで飲み会をやったそうですが、浮草堂は(案の定)寝ていたので詳細は知らず、博多の夜は更けていくのでありました。

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード