老害共にカラシニコフやベレッタの裁きを! 鋸でもいい!

 どうも、今日は更新が早いな、とお思いだと思います。
 何かあったのかな? とお思いだとも思います。
 あったんですよ!
 先ほど、無駄に歳だけ取ったジジイと喧嘩をしてきました。

 まあ聞いてください。
 先ほどまで、某ショッピング施設に扇子とマニキュアを買いに行っていたんですよ。
 ちょっとお金が足りなかったので、ATMでお金を下ろしていました。
 私が使っていたのはすいていた民間の銀行です。
 隣はゆうちょでした。
 するとですね、隣からどなり声が聞こえてくるんですよ。
「?」
 ってなりますよね。
 自分のお金を下ろし終わったので、隣を覗きました。
 するとそこではこんなことが行われていたのです。
 ATMで送金している女性(他人)に70代くらいのジジイ(他人)が「はよせんか! はよせんか!」と怒鳴り続けていたのですよ。
 女性が「送金しているだけじゃないですか」と反論すると「公衆道徳を何だと思っとる!」と怒鳴るジジイ、後ろの婆さん(奥さんか他人か不明)に「最近の若い奴は全くなあ」と同意を求めたりしています。
 最近の若い奴はあ?
 浮草堂さん、老人に席を譲ったり、バスでは老人が座りにくい高めの席に座ったり、物を落とした老人の落し物をさっと拾ったりはしますが……。
 老人が大嫌いです!
 日本経済をここまでガタガタにして若人に就職難を強いている、しおれた糞袋が何をぬかすかああ!
 すっとジジイを見据えて一言
「見下げ果てた人ですね」
 ジジイ、ぽかーん。
 そのまま去っていこうとしましたが、ジジイが後ろの婆さんに「何を言っとるか分からん」とか言っているのが聞こえたので、Uターン。
「見知らぬ方にいきなり怒鳴りつけるのがあなたの道徳ですか?」
ジジイのは発言
「何言っとるか分からん」
「私は一般人なので、他者に迷惑をかける方を見過ごせませんから」
「ああ!」
 ジジイ、婆さんににたにた笑いながら報告。
 お前は婆さんを味方につけなきゃ喧嘩もできんのか。
「頭がおかしいねん」
 ああ、この言い方、凄く覚えてる。
 中学の頃、いじめの急先鋒だった平松泰久(本名)の言い方と同じだ。
 リミットブレイク。
「頭が悪いから、まともな頭をしている方の発言が分からないんじゃないですか」
 ジジイ、一瞬真顔に。
 ああ、圧倒的知性の差を見せつけられた時の平松と同じリアクション。
 すぐににたにたして、婆さんにまた、「頭がおかしいねん」と言う。
 ああ、圧倒的知性の差を見せつけられたら、相手がおかしいと仲間と言いあうしかないよね!
 ジジイ、お前平松泰久の祖父さんじゃねえ?
 っていうか中学生と同レベルの老人を生かす為に税金なんか払いたくない!
 必要なのは鉛玉と刃による粛清だ!
 この爺のシャツに金づちで脳漿をぶちまけろ!
 と、思いましたが、実行せず、女性が遠慮なさったのでその場を立ち去り。
 サービスカウンターに通報しました。
 でも! これは国家が粛清すべきだと思うよ! サービスカウンターのおばさんじゃなくて!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード