聞いてくれて良かった。

 昨日の話で恐縮です。
 三条通り(奈良)を歩いていたら、知らないお婆さん二人に声をかけられました。
 身なりも綺麗でいかにも上品そうなお婆さん達。
「ちょっとお聞きしたいんですけど」
「はい」
「この辺りでご飯が美味しいお店ないかしら?」
 お聞きくださってありがとうございます。少ないです。とても。
「ああ、あの、どんな感じが宜しいですか? 量とかあっさり系とか?」
「ほんの一口」
「パンとか大丈夫ですか?」
「洋食大好き!」
 と、云う訳で、ちょくちょく行くパン屋兼レストランにご案内しました。
 ご飯がおいしくないとリピーターにはなかなかなって下さいませんしね!(むき出しすぎる)
「栃木の宇都宮から来たの。餃子の」
「わー、私宇都宮の餃子一回食べてみたいんですよー」
 お金さえあれば。と云うのが切ない事情ですが。
「良かったの? ご家族心配しない?」
「構いませんよー。遅くなっても「本屋でも寄ってるのかな」で済まされますよって」
「あらー」
 まだ夕方6時ごろですしね。流石に6時に帰って来ないと言って電話をあちこちにかけまくる常識知らずは祖父だけです(居るのかよ!)
「唐招提寺に行って来たのよ。ホテルで食べようかとも思ったんだけど、あんまり……。それで地元の人に聞いた方が良いかと思って」
「それが正解ですわ。奈良のホテルで美味しいところはなかなか……」
 と、トークしながら到着し、「あら安いわ!」と喜ぶお婆さん達に充実感が湧く事湧く事。
「一緒に食べていかない?」と仰いましたが、確実に奢って貰ってしまう雰囲気なので辞退して、うきうきと帰る途中気付きました。
 確実に地元民と思われるって事は、凄く気の抜いた格好してたんだ……。

ブログ拍手ありがとうございました!
6月5日23時
あなたの拍手を美味しく頂く浮草堂でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード