先生のお宅で戴くお茶はいつも美味しいです

 昨日のブログの日本語が崩壊しすぎて頭痛い浮草堂です。こんばんは。もう……寝ろよ昨日の私。
 本日は詩吟の稽古の日でした。
 職業訓練所から直行したので少し遅刻。
 稽古は先生のお宅で(他に生徒が居ないので)一対一でやっています。
 なので、先生が「化粧品の販売の人来るからちょっと待ってねー」とか仰っても全然平気。むしろ出して貰った珈琲ウマー。
 それにしても化粧品販売ってあれか? セールスレディか? 化粧が綺麗な美人のおねえさんか?
「お待たせしましたー」
 金色のブレスレッドしてシャネルのデカいサングラスかけたおばちゃんが来た……。
 ちょ、納得だけど予想外の方向なんですけど……。
 そこでポイントを確認する先生。
 グラサンおばちゃんが持って来た傘より良いのがないか点検のようです。
「このバックは10ポイントやねんな」
「ああ、ちょっとおまけしますよ」
 あれ? ポイントが2とか3とかやけに低いな。
「ああ、これ1ポイント1万円ですから」
(゜Α゜)
「あんたみたいな若い人にはいらんやろけど、年寄はこういうのに頼らんとな」
 本日のご注文、1万5千円の化粧水。
 いや、あの、私の化粧水と桁が違う。私の700円……。
 で、帰宅して母にその話をしたところ
母「(顔を引きつらせて)でも、私も高いクリーム買ったしこないだ! 乳液がまだ残ってるから使ってへんだけやし!」(この時点で貧乏である)



 そんな物を買う前に、私の700円の化粧水をちょろまかすのをやめて下さい。ばれています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード