滋賀と三重に行ってきたよ!~二日目編~

 こんばんは、浮草堂です。大好物のオムレツと柿の葉すしを満腹まで食べたので眠いです。(本能のままに生きる女)
 さて、翌日はいよいよ甲賀忍者村と名張の温泉です!
 最初に寝たはずの私が一番最後に起きると、みなさん仮面ライダーを観ていました。ああ、私の友達だなあ。
 G兄さんの運転でいざ出発!
 別車のメンバーの、オレンジ、土佐、福岡、ALTOさん、ベッキーさん(今回初参加、戸次道雪が大好きなので勝手にベッキーと呼ばせた頂いた九州男児)に電話をかけると、「なんかバカな奴らがバカな事ばっかり言ってる」と福岡が訴えてきました。ツッコミ疲れたのでしょう。放置。
 数分後、オレンジからメールが届きました。「そこでボケて!」
「もうおやすみ」と返信しておきました。
 甲賀忍者村到着!
 ぶっちゃけていうと、忍者っぽいセットを置いたただの山。しかしそこでもテンションはだだ上がりになるいい年こいた大人達。
 壁のぼりだー! 石垣ロッククライミングだぜー!(浮草堂が一歩も登れない間に、小学生達がやすやすと登って行きました)
 壁伝いだー! うひょー狭いぜ! (浮草堂、途中で落下して崖下に真っ逆さまに落ちかけました。ギリギリで踏みとどまりましたが、この施設、ホントに山を踏み固めただけなのでこんな場所いっぱいあります)
 うん、なんとなく想像ついてると思いますが、私は一つもアトラクションをクリアできていません。小学生でもクリアできてていますが、運動神経がきっと彼らより下。
 そして水ぐも。この施設、「着替えなんて用意しませんよ、濡れたら我慢して」というダーティな仕様なので、私は不参加です。だってオチが見えてるもん! 落ちだけに!
 水ぐもが浮かんでいる池は藻だらけで底が見えません。正味濡れたら着替えないと無理です。
 そこに挑戦するALTOさん、福岡、M姐さん、G兄さん、オレンジ。
 池に張られた縄を脇の下に抱えて行くと、落下しにくいとALTOさん発見。
「だが俺は縄には頼らず行くぜ!」
 結果 バシャーン
 背中を水に浸しながら向こう岸に到着。
 途中しらないおばちゃんから「オイシイー!」と声援が飛びました。
「・・・・おい福岡、素直に脇の下に縄挟め」(全身びしょ濡れで帰還)
「ウス」
 福岡、二歩目でバシャーン
「だから脇の下に挟めって言っただろうが!」
「あの縄大人には低すぎる!」
 そんないさかいをしている間に、M姐さんG兄さん夫妻、まったく濡れずにクリア。
「もっと笑いとらなー!(笑いをとらなきゃだめよ)というおばちゃんの声援が一番笑いどころでした。
 それで無力感が薄れたベッキーさん、挑戦! 頭からバシャーンマジで頭から落下していった様に周囲の爆笑が止まらない。
 っていうか、ここまでで水に落ちたの、私たちのグループだけです。幼稚園児の忍たまから、50代のおっさんまで10人以上が挑んだのに。
 そして、私達はオチを外しませんでした。
 オレンジ、バッシャーン! 
温泉に向かう車で、こいつらが非常に藻臭かったです。
 温泉に到着し、夕食。(藻臭い男どもは早々に風呂に行きましたが、女性陣は名探偵コナンにおける方言についてガールズトークしてました)
 伊賀牛のすき焼きだー! すき焼きなんてどれくらいぶりか・・・!
「飲み物は栓を開けたものだけお代頂きますんで」
と、言いながら仲居のおばちゃんが全部のビールとウーロン茶の栓を開けて行きやがりました。おいいい!
 ところで私たちに問題が。
 忍者村は山の上の何もないところにも関わらず、ご飯を食べるところがありませんでした。
 結果、麓でご飯を探しまわり、11人という大人数の為ファミレスで入店を断られかけるも「私達はお腹がペコペコです!」と主張してなんとか入店したのが昼の三時。
 夕食は六時半。
 お腹すいてない・・・。
 しかしせっかくのすき焼きなので食べないなんて許されない。
 もっしもっし食べていると、また仲居のおばちゃん登場「あ! お肉は先に焼いてください! 野菜よりお肉!」口うるさく言っていますが、彼(ちょっといらっとしてる忍者)は板前です。
 そして中間ごろ、私がお玉を貰いに行っていると、なんと・・・。
「オレンジィイイ! 何ご飯おかわりしてんの!」
「ご飯美味しいじゃないですか!」
「肉が残ってるでしょうが肉が!」
 かなり本気でオレンジを叱りつけた後、ふと我に返り「私ってちっさい女だな・・・」と思い知る夏。

 夕食後はモンハン&お絵かき&おやつタイム。
 何処でもモンハンをしている・・・。
 私は3持ってないし持っててもできないから、お絵かきを見物していました。
 大変素晴らしいものを見せて頂きました。
 途中、ALTOさんが土佐に「トランクスを見せながらプリッツをポリポリ食うな!」とキレたりしましたが、楽しかったです。ちなみに土佐の言い分「別に机の下なんて誰も見ないじゃないっすか」。反論「俺に見えてんだよ俺に!」
 素晴らしくねーよ見せんな。

 その後、温泉入って就寝。私達は入れなかったのですが、藻スメルをまとった奴らが露天風呂に入ったところ「藻がわいているので御注意ください」とあったそうです。藻から逃げられない。

ブログ拍手ありがとうございました!
鰻が余ってたの? 美奈ちゃんのところに行けばよかったなー。死神がいっぱい出てくる漫画で、夜一さんっていう強い女の人が、黒猫になっても人間の言葉をしゃべるみたいなんだよ。僕もああいう感じになりたいんだよvBYKYO
>いや、私達のお腹に入っちゃったので、君に食わせる鰻は無い。ああ、死神いっぱい出てくる漫画ま読んだ時、てっきりノートの方だと思っちゃったよ。夜一さんかあ・・・・夜一さん猫バージョンは全裸だよ? 良いの?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード