賢者特急~第二便~

 新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。ご卒業から2桁の年月が経過した浮草堂美奈(通信制高校卒)です!
 前回、ノートの取り方を知らない私に、英文だらけのプリントが渡されて授業開始のところでカミングスーンとなっておりました、浮草堂、一日女子大生になるですが、覚えておいででしょうか?
 覚えてない?
 ご安心ください! リンクはこちら! 後、カミングスーンって使い方あってるんですかね!?

第一回 大学夢豚 http://kikumurasakishiki.blog11.fc2.com/blog-entry-2015.html

第二回 準備申込 http://kikumurasakishiki.blog11.fc2.com/blog-entry-2016.html

第三回 賢者特急~第一便~ http://kikumurasakishiki.blog11.fc2.com/blog-entry-2020.html

 ご覧いただけましたか? いただけてなくてもスルーの構えで前置き終了本編スタートです!

1月13日ブログ写真1(クリックで大きくなります)

 公開講座のポスターがこうなっておりましたように、二人の先生が順番に授業なさるこの講座。
 まあ、こうなっていたけれど、私がそれを知ったのは当日会場にてですね!
 と、いうわけで最初の授業はイギリスのエンブレムについてです。
 エンブレム……ヤクザの代紋とかだよな? たぶん。
 先生がスクリーンにプリント(帰宅後これの真名はレジュメと知る)と同じ画像を写し、この画像にどんな意味があるかを解説。
 開始5分で感動。
 誰も……私語をしない!!!
 ヤバい。何この素敵空間。誰一人騒がない。騒ぐどころかしゃべらない。教室がうるさくない。居心地がいい!!!
 かなり本気でこれはすべて幻覚ではないかと思いましたが、現実のようです。なぜなら……まだ私のノートは白紙だから!
 大学生が持ってそう(ドリーム)で無印良品のノートを買ってきましたが、まさかの受付で大学オリジナルノートをいただけたんですよ。
 それが白紙! このまま終了しては慙愧に堪えない(極)! ノートとはどうやってとるんだ!
 心の中で激しくヘドバンして、ノートの取り方を思いつこうと20分。
 出てきた! ノートの取り方!
 先生が言ったことで、難しいことや大事なことや覚えにくいことをメモればいいんだ!
 小説のネタ帳とおんなじだ! ヘドバンしたらアイデアが落ちてくる! 大学すげえ! 頭が打ち出の小槌になる!
 ウキウキノートをとっていくと、なんとなくエンブレムの意味がわかってきました。
 画像に書かれたモチーフや文章から、コピー(~にご用心! みたいな)を伝えるもの……かな?
 かなりのふわふわっぷりですが、そこは
 大目に見ろ(震え声)
 なんだか皮肉っぽいコピーが多いのはお国柄でしょうか。あるいはヘタリアの先入観でしょうか。
 授業が終わって質問コーナーに。
 何か知りたいことはありませんか? とおっしゃる先生。
 ……あります!
 でも……手を挙げて先生に質問してよいのでしょうか……。そんなことしたら罵詈雑言を他の生徒から浴びせられるのではないでしょうか……。私が本物の学生の頃はずっとそうだったのですが。
「ちょっとよろしいでしょうか?」
 おお! 手を挙げたおっさんがいた!
「街中にあるですね、道路標識なんかもエンブレムと言えるのでしょうか」
「そうですね。広い意味ではあれもエンブレムの一種です。絵に意味をもたせるというものですから」
 ……! 大丈夫だ! 誰も罵詈雑言どころか口を開きすらしない! おっさんありがとう! 私も手を挙げるよ!
「えと、あの、今回教わった……16世紀のエンブレムはキリスト教……とか、ヨーロッパのモチーフが……その……多いようなのですが……、時代が、その……進むにつれて、東洋とか……そのヨーロッパ以外のモチーフも使用されたりするのでしょうか? ……でなかったら……そういうのは使ってはいけないルールとか……あるのでしょうか」
 かみすぎだろ! ってつっこんだ方! 甘い! 実際はこの百倍かんでた!
「それは現代にいたるまで、という意味ですか?」
 うおおお! こっちの言えなかったところ補填してくれた! だいじょうぶ!? ちゃんとノーベル賞候補になってますか先生!?
「はい。航海技術などが発達して、ヨーロッパ以外の地域も身近になっていったことで、東洋などのモチーフも使われるようになりました。特に使ってはいけないというルールはありませんよ」
「ありがとうございます!」
 もう暴風のごとくノートに書きましたね! シャーペンがT.M.RevolutionのPVばりに吹き上げましたね! バトる秋のblizzardでしたね!
 歓喜に浸っているとき、突然の不機嫌そうな大声。
「エンブレムか! ふん! エンブレムね!」
 なんと、さっき手を挙げたおっさんです。
 ふんぞり返るような姿勢に変わって、上記の言葉を突如。
 や、やはり来るのか、質問したら教室中から罵詈雑言が。
「エンブレムね!」
 来ませんでした。おっさんが一人で大声出しただけで、教室中がスルーしました。
 っていうか、このおっさんも「エンブレムね!」しか言わないので私に対しての罵声というより……。
 何にムカついてんだこのおっさん?
 なんだかわからんが、このリンゴをむさぼり倒しているエデンを荒らすとは、なんて悪党だおっさん。許さん。許さんぞ。
 私の手のひらがえしは「瞬神」だ!
 
 スルーしたまま次の先生へ。
 ここで浮草堂の派手な勘違いが判明。
 想像していた授業内容→文学としてのシェイクスピア
 実際の授業内容→演劇としてのシェイクスピア
 つまり、シェイクスピアのセリフやストーリーより、舞台設備や客層についての授業でした。
 ヤバい……一ミリも知らなかった世界パート2だ……。
 超おもしろいよぉ! ヤバーい!
 知らないことを知るのってマジ楽しいんだなあ。
 今回はプリント(レジュメ)の英文にちょこちょこ日本語訳を記したり、かなり忙しいです。
 ここにいる人はみんな英語読めるんだなあ。大学すげえ……。
 後日談になりますが、この授業で興味を持って読んだ、「7人のシェイクスピア」という漫画がマジおもしろいのでリンク貼っときます。

シェイクスピアが売れずこけて常に処刑と隣り合わせで破産に向かってまっしぐらだけど、カッコマッド劇作家チームだから!
 そしてほんとに誰も私語をしない!
 エルドラドだよ! リンゴ食べ放題エデンだよ!
 今回も質問コーナーはありましたが、ノートをとるだけで精いっぱいだった浮草堂は挙手せず。

 授業終了!

 あああああ……ヨかったよぉ……。
 と、ここでさっきのおっさんが先生に何か質問をしています。
「ウィリアム先生の本によりますと」を連呼。
 お、このおっさん推しシェイクスピア研究者がいるシェイクスピアヲタクか。
 授業おもしろかったし、その研究者の本読みたいな。
 先生が去った後、おっさんに話しかけました。
「あの、すみません。さっきウィリアム先生って聞こえたんですけど、本でおすすめの本があったら教えていただけませんか?」
「ああ、それでしたら四大悲劇は絶対です」
 え、ウィリアム先生ってウィリアム・シェイクスピア?
 同じ名前の違う人かと思った。やっべ、賢者タイムでぼんやりしてたぜ。
「あ、いえ、シェイクスピア先生の研究書で……。できれば初心者向けのを……」
「ああ! それやったらね!」
 英語のウィキペディアを印刷したのを出して見せてくれるおっさん。
「この人とか! いいですよ!」
 ……。
 いいヤツじゃん。
 繰り返す! 私の手のひらがえしは「瞬神」だ!
「すみません、ちょっとメモしていいですか?」
「どうぞどうぞ」
 さっきは悪党とか言ってごめんなおっさん。あんたは良い誘惑の蛇だよ。無学のイブりんご丸のみだよ。
「あの、図書館で本探したいんですけど、この綴りはカタカナで読むとサミエルさんですか? サムエルさんですか?」
「カタカナで書けばいいんじゃないですか」
 えっ。なんか吐き捨てるように言われたんだけど。今の怒りどころどこだったの? このおっさんの怒りのツボがわかんねえ!
 スマホアプリ「読書メーター」で検索すると、サミュエル・ジョンソン先生でした。
 怒りながら行っちゃったけどありがとうおっさん! まだ読めてなくてごめんな!
 
 さて、授業も終了しましたし、読者の皆様もやっと完結かと胸をなでおろしておられることでしょう。
 
 残念だったな!
 季節を越えてのこの当日編! 沢木耕太郎の東京を飛び出し路線バスでロンドンへ向かう旅に置き換えると、まだ中東のあたりだ!
 次回「賢者特急~第三便~」サブタイトルは飛光よ! つまり堂々完結です! 全俺が泣いた感動の実話をお楽しみに!

ブログ拍手ありがとうございました!

 4月6日 4月7日
 にパチパチくださった皆様。

 皆様の拍手で喜びが深夜特急な浮草堂でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます。
サイト キクムラサキ式
サイト、小説家になろうに小説掲載中。
同人誌即売会にも、不穏な小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード