空六六六 修行ノ語リ 水無月4話アップ!

 これを書いてる今は昼間だけどこんばんは! 同人のアイドル☆美奈ちゃんだよっ☆(予約投稿に合わせる意識の高さ)
 
 さてさて、「空六六六」修行ノ語リ「水無月」第4話をアップしました。
 今回は、伊豆の踊子ならぬ吉野の踊子ごっことして、旅館に滞在して書き上げました。楽しかったー!
 詳細をつっこむと温泉旅館ではなく、実質は完全に民宿なところに数日間の宿泊というところからつっこまないといけなくなります。
 おわかりですね? つっこんではいけない! だいたいリアルで川端康成すると何か月も無銭滞在しなくちゃいけなくなるから!
 そんなスリリングな状況で書けないから!
 さっきもちゃんとクレカ決済できてるか確認したところだから!

 と、いうわけで

「空六六六」

 精神を怪物と変えた少年と、最上級悪魔【鉄の女王】メフィスト・フェレス。
 刀と銃で紡がれる、現代ファンタジー戦記。
 目に見えないものは存在しない。目に見えるものは必ず殺せる!

 小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/1077684/

個人サイトキクムラサキ式
http://zankokusyosan.moe.in/

「陽炎お兄ちゃん……?」
 男特有の艶めいた低い声。アンバランス。既視感。否。既に見知った人物。
「なんや、お前か」
 七竈であった。生きていたのか。意外だ。
 隣で弟が嬉しそうなゾンビといった体(てい)で立っている。
 ああ、こいつは七竈に惚れとったな、と思いながらスルーする。
「兄貴、なんで男やって教えてくれへんかったんや」
「自分で気づけ、アホ」
 年の離れた下の子らしい発言だが、こちらも兄らしく冷たく対応する。惚れた相手の性別くらい気づけアホ。
「で」
 長身の女に向き直る。白磁がごとき白い肌、ゴシック調ドレス。顔のパーツがどれも品の良いつくり。こちらの方が人間らしい。
 しかし、人間ではない。
「なんでおんねん。メフィスト・フェレス」
「土御門の。運というのは自分で引き寄せるモンや。しかし、運が良かったときの感謝の心を忘れたらあかんぞ」
 人を叩き起こしておいて、何をしみじみ語っているのか。まあ、七竈とこの女が一緒に来た地点で、良からぬことをしでかしたのであろう。
「メフィスト、陽炎お兄ちゃんの知り合い?」
「ああ、先代のころから仕事でなぁ」
 親しげな口調。男女の関係ではない親しさ。
 呪い持ちか。
 ふいに嫌な感覚を覚える。感情ともいう。哀しみともいう。
(本文今回更新分より)

 少年時代の苦い過去。それを活計(たつき)と変えた後。小さ子がまた少年となりて蘇る。

WEB拍手ありがとうございました!
3月22日 5時
3月31日 21時
にパチパチくださった皆様

ログが流れてしまいましたが(すみません)ブログ拍手ありがとうございました!

皆様の拍手で今月も更新できた浮草堂でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます。
サイト キクムラサキ式
サイト、小説家になろうに小説掲載中。
同人誌即売会にも、不穏な小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード