更新一時休止のお知らせ。「空六六六」修行ノ語リ「僕が先生と呼ぶ尊敬できない人」結話アップ

 こんばんは、浮草堂です。

 このたび、私事により、サイトおよびブログの更新を一時休止させていただくこととなりました。
 再開時期は未定ですが、必ず帰ってきます。
 あ! 「そのまま二度と更新されないんだろ」って顔してますね! わかります! 私もそれで何度も泣いたから! 数え切れないほど泣いたから!
 と、言うわけで説得力のある実績を提示します。
「サイトにある「ヘヴンズ・ドアー」は、何度もそんな風に休載しながら、4年かけて完結させた。「K」もそんなカンジだった。どちらの作品も更新しても更新してもリアクション皆無の、読んでる人がいるのかわからない時期も割と多かった」
 いかがでしょうか(キリ)
 そういう訳で、ご覧くださったということがわかるだけで、ほんっとうに励みになります!
 壁打ちは壁打ちでもボールじゃなくて雪玉投げてるんじゃないか、って思いながら書くのめっちゃつらいです!
 WEB拍手をポチっといただくと、ほんっとうにほんっとうに嬉しい!
 
 と、いうことを言った直後にそれかよ、なんですが。
 しばらく、拍手やコメント、ツイッターなどの返信が難しいことがあります。
 返信がない。もしくは遅れたとき、「あなたの言葉が気に入らなかった」ではなく「今、返信できない状況にある」だと思ってくださいませ。すみません。

 同人誌即売会は今年秋の文学フリマ東京と来年始め文学フリマ京都に申し込んでおりますが、参加が確実とは言い切れません。
 開催一ヶ月前くらいに参加か不参加かの告知を出します。
 今年の文学フリマ大阪とText-Revolutionsはキャンセルしております。
 楽しみにしてくださっていた皆様には、大変申し訳ありません。

 小説家になろうは「空六六六」の第一章「出逢ノ語リ」をラストまでアップ。
 ヘヴンズ・ドアーは今年の9月23日に最終話をアップする予定です。
 また、同人誌再録の短編「スカル・ヘルモンド」もアップしております。こちらは在庫がございませんので、小説家になろうでのみご覧いただけます。
 スマホでご覧になる場合、こちらの方が画面が見やすいやもしれません。
 URLはこちら
 http://mypage.syosetu.com/1077684/

 また、ピクシブで発表している小説は、サイトと趣が異なりまして……ええと……その……。
 二次創作とBL率高しのエロ小説メインとなっております!
 精神を責めるタイプのSM多めです! エロ小説なのにパコパコしてるシーンがなかったりします! 監禁ものも多めです! パコパコより恐怖に屈していく過程重視です!
 URLはこちら
 https://www.pixiv.net/member.php?id=2047066

 そして、通販はBOOTH様を使用させていただき、継続中です。
 在庫切れなど、ほしい同人誌が一覧にない場合、BOOTHのメッセージ機能かメールでご連絡をいただけるとなんとかなるかもしれません。ご一報くださいませ。
 全て送料手数料込みとなっております。
 また、尼崎文学だらけで配布させていただいた、美青年殺人鬼無限廻廊なBL小説のデータはこちらで無料配布させていただいております。
 URLはこちら
 https://ukikusado.booth.pm/

 また、ぷらいべったーの方にも掌編を掲載しております。
 こちらは小ネタに近いものです。
 主に空六六六の季節ネタです。
 http://privatter.net/u/ukikusado

 連絡はツイッターとメールがチェックしやすくて助かります。
 どちらもサイトのトップページにアカウントとアドレスが掲載されています。(すみません。スパム対策で直接こちらに掲載は控えます)
 トップページのURLはこちら
 http://zankokusyosan.moe.in/

 
それでは、空六六六の今回の更新。「修行ノ語リ」の「僕が先生と呼ぶ尊敬できない人」結話の紹介に入らせていただきます。

 高校を転校せずに引っ越せる面白い場所はないかと、色々探していた頃。おお、僅か一か月程度も経っていない。とウィルヘルミナはカレンダーの×をつけ直す。特に意味がある×ではない。何よりカレンダー自体数年前のものだ。要するに全部意味が無い。
 とにかく、この街に住みたいと思える人物と出逢った。
 街中に死体が転がっていて、今ではたまにティータイムなどに誘ってくださるミス・オードリーをうるせえ婆さんだと追い払おうとしていた時。
 ごく普通に学生服の彼がやってきた。
 彼を見た瞬間、ウィルヘルミナは思った。
 おお、ドールが生きてる。
 やたらでっかくて丸い瞳にバサバサの睫毛。黒髪。左目に医療用眼帯。眼鏡。体格と相まって、以前インターネットで見た大人用のバカ高いお人形を思い出したのだ。
 あの学生服の下は球体関節じゃないかと澁澤龍彦みたいなことを思ったが、そんなありきたりな感想はすぐ忘れた。
 この死体を作ったのはこいつだ。
 言い方を変えれば、この生きたドール少年が孕んだ中年の女の頭にタールの缶を叩きつけたのだ。

(本文より)

 どうもこの二話はハッシュタグ「#小説家という設定をつけるとクズになる」を広めるためにあるようなカンジですね。カンジではなく文字通りかもしれない。
 ウィルヘルミナ先生に関しては、いずれ彼が主役の物語も書きたいなあとか、それを同人誌にしたいなあ、とか思っております。が、思っているだけで予定ではありません。
 明らかに次回から京都編始まるよね! という雰囲気ですね。当然! 始まります!
 京都編はみんな大好きな「何も知らないまま離れてしまった初恋の相手との再会」です!
 ただし、「美少女だと思っていたら男だった」という、ある意味王道なヤツ!
 後、女たらしの若作りジジイの師匠! 王道すぎる! たぶんその王道は王様が通ったらダメなタイプの道!
 いや、その、王道じゃない部分を紹介するとかなり激しいネタばれになってしまうので避けますが、一つだけ。
 京都編の主役格の名字は土御門。安部晴明の末裔という説もある陰陽師の姓です。

 そういう訳で、I'll be back.溶鉱炉からわりと何度も這い上がってきてる)

個々に返信お礼を言えずすみません。WEB拍手、ブログ拍手、ありがとうございました! ホント……! 嬉しいです……!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード