矢田寺に行ってきました。

 どうも、浮草堂です。
 関西人以外はご存じないでしょう。矢田寺とは奈良県大和郡山市にある、飛鳥時代建立の寺。
 通称「あじさい寺」
 そう! 紫陽花を見に行ってきたんです!
 昨日いきなりママンが「紫陽花見たい」と企画しましてね。
 新聞を見たら案の定紫陽花の記事が載ってまして。
 流石三代続けてミーハーの家系だなうちは。
 で、矢田寺に行ってきたんですよ。(画像はクリックで大きくなります)

「前にも行ったよねー」
「山の上だったけど、バス山のどれぐらいまで行くのかなー」
 うん。
 地元なんだからもっと頻繁に行け。
 予想外に坂道のど真ん中でバスから降ろされて、呆然とする前に。
 坂道にはちょくちょくお店あって、見るの楽しかったよ!
 そして、寺に着いて。
1466318843727.jpg
1466318851221.jpg

 心をガンガン折っていくタイプの石段。
 石段の脇にはもれなく朽ち気味の墓。
 こんだけ観光客がいなかったら、絶対「出る」と思っちゃうぜ!
 そして、庭園に着きました。
1466318865468.jpg
1466318858302.jpg
1466318884222.jpg
1466318890428.jpg

 ……来てよかった。
 さー! 名物紫陽花のトンネル行くぜ!
 さて、此処で問題です。
 矢田寺とは山です。
 庭園の地面は石です。
 庭園の中は小川が巡っています。
 今日は雨が降っています。

 この場所をダンジョン以外の何かで形容してみせてください。

 雨で塗れた岩山を必死で登った!
 石で舗装されてると思うだろ? されてねえ! 石が自然のままに置いてある!
 昔は人工的に置かれた石なんだろうけど、その昔の単位が百年単位!
 紫陽花をかきわけで岩山を登る!
 逆にテンション上がるわ! ゲームのステージじゃん!
 写真? ナイナイ! そんな余裕ない!

 で、庭園を出て、休憩所でお抹茶を頂くことにしました。
 そこで、2歳くらいのおちびちゃんがお出迎え。
「こんにちわ」
「こんにちはー。握手ー! イエーイ!」
 で、この子は誰だ。
 お前知らない子相手になれなれしいな、と思われたかもしれませんが、勝手に体がこのスタンスになるんだ!
 後ろから、お寺の庫裡さんらしきお婆ちゃんが出てきて
「あらー、こんにちは、言ったー?」
 ……お孫さんですね。
 休憩所
1466318896113.jpg

 住職さんらしき人が、なんだか親しげに家族連れと話し、それに割と若いめの女性がお茶を持ってきて。
1466318902830.jpg

 私達のところにさっきのお婆ちゃんがお抹茶を置いて行ってくれました。
「……家族経営だ……此処」
「こんなところで育ったら、お行儀よう育つんやなあ。畳の縁とか踏んだらあかんって育てられるんやろ」
 ……今……畳の縁を踏んだ私を怒らなくてもいいじゃないか……お母さん。

 こちらで頂きました。可愛い。
1466319851464.jpg

 ところで、入山時土砂降りだったのが、帰宅する頃にはすっかり晴れたんですけど、なんか悪い事したんですかね私ら。

ブログ拍手ありがとうございました! 

 6月19日 7時 15時
にパチパチ下さった皆様

 皆様の拍手で梅雨空に満開な浮草堂でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード