5月の読んだ本メモ

 こんばんは! 5月の読んだ本メモです!
 いつも言っていることですが、地元書店を活用して図書館を活用して、とにかく経済を回そう! 図書館だって稼働率上がったら予算が割かれるんだから!
 そしてとにかく本を読もう! なんでかって言うと、本を読んでない人と会話してると、「こいつの脳みそヤバい」って思う事多い!
 別に読書家でも何でもない私がヤバいって思うんだから、読書家の人はもっとヤバいと思ってる、たぶん(断言はできない)。
 今からでも間に合うから! 今から読めばいいから! 例えあなたが100歳でも! 100歳から読書を始めればいい!

 と、長い前置きを置いたところで。
 いつも通り漫画と同人誌は記しておりません。おススメ漫画はそのつど別に記事にしてるよ!
 後、簡単な感想があるよ! ただの主観だから、全面的に信用しちゃダメだよ! でも、気になったら軽率に読むといいよ!

失われた時を求めて(1)――スワン家のほうへI (プルースト 訳吉川一義)岩波文庫


図書館本。哲学だとか、芸術だとか、難しいことはわからない。ただ、美しい自然、まち、教会。あの有名なマドレーヌ。ほぼ妄想で成り立つ恋。お母さんに甘えるあまり恐怖すら覚える少年。そういうものを堪能した。

クラーク巴里探偵録 (三木奎子)幻冬舎文庫


腐った感想注意! な、ナニコレ……年上穏やか面倒見いい系敬語青年×年下ぶっきらぼうツンデレ有能青年ホモォ……。美味し過ぎた……。ハルが餌付けしてるシーンとか……。あ! ちゃんとどんでん返しもある普通の小説ですから! フィルターかかっただけ!

悪童日記 (アゴタ・クリストフ 訳掘茂樹)ハヤカワepi文庫


実話。野外で読んでいたら、指にしゃくとり虫が這っているのに気付かないくらい熱中した。
美しいものが何一つ描かれていないのに、嫌な読後感ではないというか、最高の読後感なのは、「ぼくら」のぶれない信念のためか。「ぼくら」の二人だけで完結した双子の関係……イイ。

狐闇(北森鴻)講談社

(文庫しかリンクが貼れませんでしたが、単行本で読みました)
歴史が絡んだミステリだと思うけど、読んでる時の気持ちは三十路女の知能バトル! 仲間とマスコットと共に巨悪に挑むってバトルものの王道ですよね。面白かった。

終物語 (下) (西尾維新)講談社BOX


うう、暦、もう感無量だな、この青春の終わりは。って言ったけど、まだ続くんですよねー! 知ってる! 楽しみ!
個人的に何でも知ってるおねーさん、伊豆湖おねーさんが大好きになりました。あの飄々とした感じが好き。っていうか……羽川翼! どんだけすごいんだよお前は! カッコいいなオイ!

悪魔交渉人(1) ファウスト機関 (栗原ちひろ)富士見L文庫


面白かった! とにかく、悪魔の音井が可愛い! 駄々こねてるところが特に可愛い!

二線級ラブストーリー (持崎湯葉)講談社ラノベ文庫


うーむ、まるで展開が読めなかった。超展開読む気マンマンだったのに。悔しい。なんか悔しい。

薔薇十字叢書 ヴァルプルギスの火祭 (三門鉄狼)講談社ラノベ文庫


百鬼夜行シリーズの孫たちが活躍! と見た瞬間に手に取ってました。まったく私のお財布を圧迫した責任を取ってくれるんでしょうね、と読み始めて……。わかってんじゃねえかと。この京極堂がひたすら蘊蓄を喋り続けるの、超わかってんじゃねえかと。

続・終物語 (西尾維新)講談社BOX


クソッ! クソッ! やっぱり西尾維新は西尾維新だったよクソッ! クソッ! どっかにみんなの望みが叶った世界があるという希望とかクソッ! クソッ! こんなカンジに好きだからなる。

失われた時を求めて(2)――スワン家のほうへII (プルースト 訳吉川一義)岩波文庫


図書館で借りて。スワンの恋は妄想への恋である。それだけに、東奔西走し、ボロボロになるスワンが愛しくも愚かしい。「私」の少年期の恋はスワンと同じ恋に思える。

実録 ドイツで決闘した日本人 (菅野瑞治也)集英社新書


はー、男の世界ですなあ。決闘て。誇りて。


 お気づきであろうか! 冒頭で偉そうなことを述べておきながら、月に読んだ本の半分はラノベであることを!
 ラノベが悪い訳ではない! 勿論ない! だって30分で読めるんだぜ。失われた時を求めてとか1巻読むのに3日かかるんだぜ。
 個人的に、それこそライトな読書をしたい時は、ラノベは向いていると思いますよ。ライトな読書だけしている状態で創作しても、ロクなものができないだけで。
 むしろ、ライトなものを創作する時ほど、ハードな読書が必要になってくる罠! トリック!
 だけど、失われた時を求めてを読み始めた私に、ライトな読書をするなとか鬼のセリフだと思う。ライトな読書楽しいじゃんか。ハードな読書も超楽しいけど。
 ライトもハードも、みんな違ってみんないい。本というのは、おもしろい。

 ブログ拍手ありがとうございました!

 6月15日 21時にお二方 22時にお二方
 6月16日 6時 16時
にパチパチ下さった皆様

 皆様の拍手で頁を捲る手が進む浮草堂でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード