スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月に読んだ本メモ

 こんばんは! 浮草堂です!
 今日は5月27日ですね!
 4月に読んだ本メモです。
 この世に不思議なことなど何も無いのだよ関口君。

 例によって一言感想とアマゾンへのリンクが貼ってあります。
 でも、地元書店に行くのと図書館に行くの楽しいよ!
 ……私もHMVのポイントとクーポンにやられてるけど……。
 じ、地元書店も行くし……月二回くらい……(ぼそぼそ)
 図書館も行くし……月二回くらい……(ぼそぼそ)



 新装版 虚無への供物(上) (中井英夫)講談社文庫


 なんだろう……だいたいひたすら見当違いの推理してるのに、耽美な香りが! ダメだ、腐っているせいで、BLの香りがするような気すらする! 下巻読まなきゃ!

 自然と人生 (徳富蘆花)岩波文庫


 図書館で借りて。四季の美しさを描く技法は見事で、癒された。だが、この人の書く小説はイマイチ。女がいいこちゃん過ぎてイライラする。

 新装版 虚無への供物(下) (中井英夫)講談社文庫


 ホ……ホモォ……蒼司兄さん……儚げ守ってやりたい系病美青年受……。すみません、腐っているとホモウメエにしか見えませんでした。あくまで個人のフィルターかかった感想です。後、昭和二十九年から三十年って陰惨な事件の発生率すさまじいな……。

 憑物語(西尾維新)講談社BOX


 対価の話。今回はシリアスモードだった。妹とお風呂に入る以外。そっちの方面でも逸脱してるぞ阿良々木暦! 面白かった!

 暦物語 (西尾維新)講談社BOX


 ようするに「全ては錯覚だったんだ!」って推理小説短編集。全部見破れなかった私であった。あー、この話の時はー、と物語シリーズを振り替えれるけど、単品でも面白いと思う。

 浮雲 (林芙美子)新潮文庫


 純文学を読んだなあ。敗戦直後の時代。安南の美しさ。そして、出てくる人間が全員どうしようもないカスで、そのカスさを見事に描いている。

 死の家の記録 (ドストエフスキー 訳望月哲男)光文社古典新訳文庫


 図書館で借りて。仲間になれない貴族、ドストエフスキーをよそに、囚人たちはとてもコミカル。

 ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (三上延)メディアワークス文庫


 「犯人」が悪意から事件を起こしたり善意から事件を起こしたり。見事にしてやられた推理小説。今回は話が重めだったな。

 烏に単は似合わない (阿部智里)文春文庫


 騙された! 流石松本清張賞! 真緒の薄がとにかく好きなキャラです。ゴージャス高飛車純情美人!

 桜の園・三人姉妹 (チェーホフ 訳神西清)新潮文庫


 寂寥。滅びゆく人びとを見事に描いている。帝政ロシアの終わりという時代が見える。

 終物語 (上) (西尾維新)講談社BOX


 老倉育! お願いだから幸せになって! お願いだから! 今巻の悲惨度は西尾維新の中でもキツかった……。

 終物語 中 (西尾維新)講談社BOX


 ハラハラした! ドキドキした! この恋の物語は最高だった! これ以上的確なエロ本の出し方は無い!


 今回もハズレなしでした!
 最近ラノベ率が高くなってますね、こう見返すと。
 ラノベ面白い仕方ない。
 ラノベしか読まない訳じゃないし。
 全部おススメです! 是非お手に取ってみてください!

ブログ拍手ありがとうございました!

 5月26日 20時 21時にお三方 23時
 5月27日 6時 15時
にパチパチ下さった皆様

 皆様の拍手で頁を捲る手が進む浮草堂でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。