12月読んだ本メモ

 こんばんは、浮草堂です。
 毎度おなじみ、一か月に読んだ本メモです。
 短い感想がついています。
 あ、これ良いなと思われたら、是非ご覧くださいませ。
 毎度のことながら、漫画と同人誌は入れていません。
 今回、ためしにアフリエイトを入れてみました。
 毎回やるかは分かりません。だって浮草堂さん、地元の本屋に行くのすごくイイよ派だからね!
 後、図書館行きましょうよ図書館! 稼働率上げて行きましょうよ! 稼働率を上げたら、それだけ予算が割かれて設備や蔵書が充実しますよ!

金閣寺 (三島由紀夫)新潮文庫


 悪に恋をし、悪を愛していく青年の、救われぬ美として金閣が聳え立つ。圧巻。

神、人を喰う―人身御供の民俗学(六車由実)新潮社


 やっぱり民俗学っておもしろい! 人身御供と人柱の違いがよく分かった。

ヨハネスブルグの天使たち (宮内悠介)ハヤカワ文庫JA


 人殺しの初音ミク。彼女らを主軸に、ろくでもない人間たちが愛し合う。絶望に満ちたスラムを描く短編集。尖った作家。好き。

生徒会の六花 碧陽学園生徒会議事録6 (葵せきな)富士見ファンタジア文庫


 頭が疲れていたので読んだ。スゴく癒された。ひたすらバカな会話を繰り広げているだけってこんなに素晴らしいんだ!

新版 指輪物語〈3〉旅の仲間 下1 (J・R・Rトールキング 瀬田貞二 田中明子訳)評論社文庫


 おお……思ったより暗い旅……。でもホビット可愛い!

マルドゥック・スクランブル〈改訂新版〉(冲方丁)早川書房


 最高だった! スタイリッシュな文体に入り込んで、ドキドキしまくった! ウフコック、バロット、ドクター、全員が最高!

クリスマス・カロル (ディケンズ 村岡花子訳)新潮文庫


 クリスマスが近いので読んだ。所謂道徳の話なのに、全然嫌な感じがせず、楽しく読めた。訳も分かりやすい、小学校低学年でも楽しめると思う。

私の見たペレストロイカ―ゴルバチョフ時代のモスクワ (和田春樹)岩波新書


 銃殺と投獄が繰り返された、ソ連の歴史。それがペレストロイカによって民主化していくまっただ中を感じられた。
20年近く前はこんなだったんだなあ!

奴隷のしつけ方(マルクス・シドニウス・ファルクス ジェリー・トナー解説 橘明美訳)太田出版

 
 ローマ人マルクスが、上から目線で語る様がとても面白かった。楽しくローマ帝国の奴隷制度を勉強できた。そして所々入るホモ……! ありがとうございます腐ってます

夜叉ヶ池・天守物語 (泉鏡花)岩波文庫


 美しい! 幽玄な世界、妖怪の麗人、真摯な愛。AYAKASHIの天守物語がもう一度観たくなった。

 今回は日本人作家の本が多かったですね。
「奴隷のしつけ方」についてちょっと説明しておくと、ローマ人のマルクスという貴族になりきって、ジェリー・トナーという現代の学者が奴隷のしつけ方をマニュアル本にした、という本です。読み物としても面白いですし、何でもありの古代ローマですから、既に少年とは呼べなくなった年齢の青年奴隷に、女装させて給仕させるとかそういうガチ燃えな記述があるんですよ!(熱く) でも、腐ってなくても楽しめます、ホントホント。

 読んだ、とか読みたい、とかいう本がありましたら、お気軽にコメントくださいですよ。

 ブログ拍手ありがとうございました!

 1月11日 20時にお二方 22時
 1月12日 0時 10時
にパチパチ下さった皆様

 皆様の拍手でページを捲る手が進む浮草堂でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード