ヘヴンズ・ドアー96話「―クリスティーナと厳島、決着」アップ  オフラインに文学フリマ大阪新刊アップ うちの子ご自由にお描きくださいバナー設置

 まずはお詫びを。トップのinformationの日付が間違えておりました。×7月31日が2回 〇8月14日ですお詫びして訂正いたします。

 オフラインに文学フリマ大阪新刊
「K~Hades The end~」を一覧にアップしました。
 お取り置き、通販などお気軽にお申し付けくださいませ。
 「K~Hades The end~」A5 36頁
価格200円
戦争屋の一族、K家。
長たる男は、息子を恐れる。
やがて吹き上がる謀反の噂。
血塗られた一族は、如何にして男同士の決着をみるか―。

 まあ、要するに血塗れハードボイルドダークファンタジーです。
 特に何も考えずにご覧いただけるかと思います。

 うちの子ご自由にお描きくださいバナー設置しました。
 書き、でもいいです!
 デザインとかどんなんでも怒らないです。
 むしろ描いて! 描いてください!!!

 ヘヴンズ・ドアー96話「―クリスティーナと厳島、決着」アップいたしました。
 とりあえず言っておきたいのは、本当の鹿児島県民はこんな基地外ではありませんということです。これだけは強く。
 ドイツ騎士団VS日本武士団、潮時に入って参りました。

 ざっぱな小説内容
 各国戦力が死後の世界で大暴れ!
 銃に刃に戦艦大砲! その中でも最大の武器は、戦力に特化した人間―戦士!
 そんな死後の世界【ヴァルハラ】でアメリカンカントリーの店兼ヴァルハラへの入り口であるお店、ヘヴンズ・ドアーの店員三人娘が戦士との戦いを繰り広げる!
 大和撫子の怪力BAR使い、依子。
 豪快なアメリカンガンマン娘、エミリー。
 策士の守銭奴チャイニーズ、紅玉。
 彼女らの戦いに関わるのは、19世紀ロンドンを恐怖に陥れた、ジャック・ザ・リッパー!
 長い話となっていますが、何章にも分かれているので章ごとに途中からでもご覧になれます。

 今章「此処は大乱、吹くは神風」編までのあらすじは続きを読むからご覧ください。

ブログ拍手ありがとうございました!

 8月27日 19時
 8月28日 6時 8時
にパチパチ下さった皆様
 
 皆様の拍手で今週も更新できた浮草堂でした。
 ユグドラシルに囚われた紅玉の兄、国軒はヨーロッパの水源に毒を放った。
 東ドイツのテロリスト、アナとソ連のウラジーミルの戦いを止めるべく、幾之助はアナを倒し、そしてレイプしながらも重傷を負い、イタリアに匿われる。
 無断出国した咎を受け、依子は所払いを命じられるも、念願の名誉の戦死の命令を頂き、歓喜する。
 そして、ユグドラシルの紅玉の家族を救って、名誉の戦死をせんと、ジャック、紅玉、エミリーと共に、依子はスイスに向かった。
 しかし、エミリーはアンドレアによって、アメリカが北欧諸国による侵略を受けようとしていると知らされ、一人、アメリカに向かう。
 そして、アンドレアは南米にて、スペインへの復讐を果たし、死んだ。
 南米からは、ブリタニアによって、インカ帝国王女ダルシアのみが逃げられたのである。彼女は何か危険すぎる能力を持っているらしいが―。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はい、勝手に書かせて頂いていますよ、Kの(キチガイな)ヒーロー、
YOKIさんと、うちの不憫なオリキャラのBLっていうか、身も蓋もなく
ホモエロSSを!
R18ですので、高校生以下の方はご遠慮下さい。たまにほんわか
した話もありますが、基本ホモエロです。
何と浮草堂先生の寄稿も頂いています。それだけでも読む価値が
ありますよ! よくこんなこと思いつくな先生って!
よろしかったらおいでください。先生、宣伝だけでごめんね!

Re: No title

親友Aさんいらっしゃいませ!
宣伝ありがとうございます!
私も先生のホモエロ小説の大ファンですので、今後もガンガンよろしくお願いいたします!
いや……私の寄稿は……ホント……大したものじゃないんで。よくこんなことって……。
プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード