毎日一日中6秒フラット接地はできないんだね。(ある発達障碍者の偶像崩壊)

 今日、B型雇用の体験が決まりました。

 良かった良かった。

 そこで言われたんですけどね。
「あなたは、仕事中、一瞬たりとも手を抜いてない感じだったんじゃない?」

 はいって言ったら、そのB型雇用の施設庁は仰いました。

「私たちはね、働いているとき、どっかで手を抜く時間を作るの。そうしないと、疲れ切って毎日なんてとてもやってられないから」

 ?

 聞いた時はよく分からなかったけど、こういう感じらしい。

普通の人→仕事をしながらでも、張りつめた気をちょっと緩める瞬間がある。マラソン選手が給水所行きながら走る感じ。

私→仕事中は常に全力で行く。気を緩めたりとかしない。短距離ランナーの感じ。

 仕事の形態はマラソンなんだって事くらいは知ってた。

 だから、「みんな、42.195キロ走る間、ずっと6秒フラット接地をキープしてる」んだと思ってたんです。

 私は2時間くらいしか6秒フラット接地できないのに、みんなは8時間6秒フラット接地してるんだ……。(どんより)

 こんな感じで仕事=マラソン、を認識してたのね。

 そうじゃなくて、仕事中は6秒どころか、40秒くらいの速度で走る時間もあって、それで仕事(マラソン)が毎日成立するんだよという意味を施設長は仰ったてたんです。

 かなり説明して貰って、ようやく、自力でこのマラソンに例える事ができましたよ。私賢い(うるさい)。

 よくコマーシャルで「24時間全力で!」とか「当店は一切手抜き致しません!」とか言っているのって、詳しく言えば、「集団の中に手抜きする何人かはちょくちょくいる状態ですが、集合体としては全力を発揮しております!」だったんだと。

 で、帰って来て、お母さんに「常に全力じゃダメなんだね」話をしたら、すっごい嫌そうな顔。

「頑張る事も大事」とか、「新入社員の時はみんな気を張り詰めてる」とか、言っていました。

 ムカッとしましたが。今は気付いています。藤本ひとみの「サド侯爵」に載っていた、偶像が崩壊した時は、真っ先に対象に怒りが湧くってアレですアレ。私、怒りが湧いてたんですわ。

 生まれた時からずっと、6秒フラット接地でマラソンして、いきなり倒れたっきり救急搬送されるように生きてきたもの、私。そうじゃないと生きていかれなかったもの。

 偶像崩壊の典型例だわ。

 でも、今日の晩御飯、竹輪と菜っ葉の煮たのとシラスに醤油かけたのと昨日の残りのお味噌汁。10分でできる夕飯。お母さんはそれ作って、私と食べて、村上春樹読みに自室に籠ってる専業主婦。でも、午前中はお祖母ちゃんの様子を見に行っていた。

 成程。こういう事なのね。



ブログ拍手ありがとうございました!
理人さん>おおう……三か月……。受精卵ですら妊娠発覚するくらい長期間じゃないですか……。それは頭痛いですね……。
バーベキューで……COACHを持って記念写真を撮ったのに……人に隠れてしまった悲劇……!
アレも滴るって……あの……えらい洒落を仰ってますが……疲れてらっしゃるんじゃ……。
W杯記念切手です! まっすぐ貼りたかったのに! くう! 郵便局に見本しか残ってなかったので、見本を剥がして貰いました(しかし試合は観ていない)。
むふふ、今日はなかなかにデカ目でした、私。徐々にお化粧スキルが上がっているようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード