カフェの仕事が無くなりました。

 タイトル通りです。

 決まったと言われていたカフェの仕事が無くなりました。

 詳細
 三週間前、浮草堂は就労支援施設に面談の日を、電話確認しました。
 一週間前、就労支援員(センター長)より、カフェの体験が確定であると伝えられました。そして、就労支援員が退職する事も。
 本日朝、銀行に向かう途中で、後任の就労支援員さんから電話を受けました。
 カフェに確認を取ったところ、ハローワークに依頼して店員を採用し、既に枠はいっぱいだと告げられたそうです。

 えー、前任の就労支援員は、以前からカフェとA型雇用の話をずっとしている、と私に言っていました。
 そして、私は前回の面談の時に、確認しました。口頭ではっきり聞きました。「カフェの体験が無くなる事はありません」

 しかし、その実態は就労支援員はカフェに私が就労可能である事も伝えておらず
 また、カフェに空きがあるか、私の面談の日取りが決まってからの二週間、問い合わせず
 私にを(そうとしか言いようがない)言ってぬか喜びさせ、後任に押し付けて退職したのです。

 後任の方から、今週金曜日に面談し、「もう枠はいっぱいだけど、話はする気持ちがある」お弁当屋さんへの就労が可能か見てみると伝えられました。
 そして、後任の就労支援員は「浮草堂さんの事をよく知らないので、ちょっと動くのは待ってください」と仰いました。

 何度も書いておりますが、うちは父親は死に、母親は統合失調症で専業主婦です。

 これは書いてはおりませんでしたが、発達障碍者というのは「基本的に面接は落ちるもの」です。
 私は軽く二ケタ落ちました。

 どれほど職が重要な事かこの三行で、マトモな頭をしておられるなら理解できますが、あの女は理解できませんでした。

「ちょっと動くのを待っている」間の収入と履歴書の空白なんて、知らぬ素振りで辞めやがりました。恐らく、話に聞いていた高級住宅地の家でまだ暮らすのでしょう。

 私だから、事件も起こさず自殺もしませんが、そうなってしまう人が居てもなんらおかしくない状況です。

 以下は呪いの言葉です。

 おお! 瓦解した北の国よ! ツルハシを戴く大国よ!
 あの女に救済を与えたまえ!
 哀れな女だ! 豚の餌になる為に生誕したのに、神が祝福を間違えて、何十年も生かしてしまったのだ!
 今こそあのヴェルサイユ宮殿を、そのツルハシで打ち壊したまえ!
 そしてあの女に手柄話をしてやれ!
 樺太で足が痛いから隠居したいと訴える老人に、見張り番の仕事を与えてやった手柄話をしてやれ!
 もう一つ道徳を説いてやれ!
 ”寄生虫”はモスクワを追放する、あの法律がこの国にもあったなら、あの女も山羊頭の男より、きちんと豚と番っただろう!
 名誉を与えてやるんだ! シベリアを開拓する名誉を与えてやるんだ!
 そしてあの女がかっちこちになる前に、たすけてと微かに言える時に
 生誕した理由を叶えさせてやれ!
 それがすっかり済んだら、歴史の海へと消え失せろ北の大国!
 私の財布は私のものだ!

 文章が綺麗な方が、呪いって利く気がするので、一生懸命考えました★

 ブログ拍手ありがとうございました!

 理人さん>い……今となってはかなり痛々しいペーパーとなっておりますが……。残っていれば郵送致します。
 蠅の帝国は辛いです。途中から「どうせバッドエンドなんだろ!」という気持ちになってしまうのが、リアルな描写に追い打ちをかけてくれます。
 YOKI兄さんは紳士かケダモノか……そんな残酷な結果しか出ない問題を考えてやらないでください(泣)
 最後の一文に「う……うおおおおお……」となっております。有難いのですが大丈夫でしょうか、私、変な宗教と化してないでしょうか。

 パチパチの方もありがとうございました!
 7月1日14時
 皆様の拍手を支えに、強く生きる浮草堂でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード