「K」本編でKANAが乗ってきた『駿馬』

本編に入れたかったけど、入れられなかったシーン

KANA「そういえば、お二方はどうやっていらしたんですか?」
ZEKU「馬で」
KANA「馬!?」
ルー・ガルー「精霊王が派遣してくれた馬ですよ、とっても速いです」
ZEKU「流石にいきなり走って来れるほどには体力がな・・・」
KANA「はあ・・精霊王の馬って・・・ひょっとしてユニコーンとかですか?」
ZEKU「いや・・・ユニコーンには違いないが・・・あいつは・・・俺には姿すら見せん・・」
(そこに軽やかに駆けてくる白馬)
ユニコーン「女帝! 私が運ぶのはこの乙女で間違いないか!?」(鼻息荒く)
KANA「・・・・姿すら見せないはずでは・・・?」
ZEKU「俺の姪に手を出したらその逸物斬り落とすぞ、バカ馬」
(ユニコーンは清らかな乙女しか乗せないし、姿も見せない)
キクムラサキ式
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード