12月25日に戦争してきます

心意気はそんな感じです。
いや、妹がまた怪しい事を言いだしてですね。
「ずっとお姉ちゃんに感謝してる」って言いだしたそうで、最初は喜んでたんですが、どうにも胡散臭さを感じ始めまして。
理由は以下の通りです。読みづらくですみません。


最初に。ぶっちゃけ妹はこの「改心した。謝罪する」宣言を何度もしてる。しかし、「忙しいから」と謝罪した事はない。今まで何度も騙されたので、私の信頼感が揺らいでる。
そして、お姉ちゃんのありがたみがわかった、のタイミングがビミョー。内定が出たのと同時くらい。就職活動が終わって……と納得いかない訳でもない。しかし、就職決定したので、実家にいないでもいい。=今までも一切面倒を見なかった母親の老後を私に全て押し付ける布石にも見える。
妹は私からのメールで嫌な思いをしたから、と私からのメールを無視する。誕生日プレゼント送ったから確認してメールも見ないで無視して、結果私からのDVD(妹が欲しいと言っていたもの)が盗まれた事もあったのに。
そのメール無視が終わらない。終わらないは語弊があるな。終息宣言が出ない。妹のお姉ちゃんのありがたみがわかったは母親から聞いた。ただ、私もこういうのって自然に再開されて、用事があったら(ないけど)普通に返信してくるのかな? 判断がつかない。
情けない話なんだが、最近39℃の熱を出して倒れて、母親に家事を頼んだ。しかし、夕方になると妄想と会話する母親。当然帰宅しても寝てるか妄想と会話。それなのに、妹が家事を手伝っている気配がない。私が同居中は当たり前のように私一人で家事。中学生になれば、私は母親の入院中も一人でこなした
それは中学生に家事を全部させて、自分は酒のんでた親父にも非があるが、妹はできたご飯を食べて食器を自分の分流しに持っていくだけ。一歳半しか離れてないのに。しかし、まだその精神でいるのは何かおかしい。
しかし、コンビニ弁当が続くと、野菜が食べたいと泣きわめく妹。自分では絶対に作らない。繰り返す上に矛盾してるようで申し訳ないが、これが中学生以降どころか成人後も。母親がごめんねと、妄想と会話しながら泣くので、私がスーパーへ走って料理。
それが感謝してる一番大きな事だそう。おかげさんで早くて材料の安い料理は得意ですよ。しかし、手伝わなかった事に対する謝罪は未だになし。謝罪するって言ってたのは8月。ちなみに早く作らないと妹の自室から泣きわめく絶叫が聞こえてくるので、マッハで作りながら味を滲みさせる技術獲得
で、だ、本題。ぶっちゃけ私は謝罪はいいから、役所へ行って妹が今後金銭面及び生活面で私に何も要求しないという証書をくれと言った。母親承諾。しかし、その話が全く出てこない。
これだけだとイミフなので。妹、一度下宿した。大学生時代に家から二時間の大学が遠いと。その際の仕送りは12万家賃は5万
そしたら、郵貯で20万借金しやがった。それを全額母親に建て替えて貰った。母親の主張はあれは貯金がマイナスになっただけで、借金じゃない。叱る必用はない。サークルもやってたし仕方ない。これを聞いてやべえ、もっと稼いで金銭面で母妹と縁切りしなくてはと必死に職業訓練所&仕事な私。
妹、ずっとバイトはしていない。下宿時代に下着とかは私が買って恵んでいた。今思えば何故に私に妹にやる下着代は払ってくれなかったんだ母。
で、1年後、突然妹の下宿の大家さんから電話。妹は実家に遊びに来てた。内容聞いて目玉飛び出た。「昨日でこの部屋解約のお約束で、もう次の人決まってるんですけど」
妹の彼氏まで動員しての引っ越し騒ぎ。しかも、部屋に入ると女の子ってか人間が住めない位の汚部屋。私、数日後に小説の〆切で後、150枚残ってたけど動員された。
あ、引っ越しでもう4個あるから書いとく。こっちから向こうに行く時は伯母夫婦にトラック出して貰った。私、この伯母がかなり苦手。案の定、ちょっと暇になると私に説教し出す伯母。伯母、頼む、私に彼氏がどうとかいいから、私の本勝手に本棚から抜いて持ってきた妹に説教してくれ。
しかも、だ。本好きの方ならぶちギレものだろうが、集めてた歴史の雑誌を勝手に抜いて、クッション材にしてやがった。私の、集めてた、歴史の雑誌。
その日は寒さで歯の音が合わなかったのを覚えてる。飲み物買いにパシられたから。
最後に大家さんに母妹と挨拶に行った。すると、私が妹さんかと言われた。「へへ、若く見えちゃった」と喜ぶ私に、妹は言った。「お辞儀のタイミングとか微妙にずれて変だったからでしょ」ちげえ、お前がケバくて私が汗で流れるから素っぴんだったんだよ。
この引っ越しで形のあるお礼はまんじゅう一個。一箱じゃない、一個。翌日から私は5日間不眠不休で原稿。今はとても無理。
極めつけは、ここまで迷惑をかけた妹が、私の引っ越しを一切手伝わなかった。母親は当日と食器を入れるのだけ。一人で荷造りした。しかも、ベッドや調理器具は妹のお下がり。ベッドは狭いし、鍋の蓋は壊れ、フライ返しは裂けていた。ポットは妹のブーツと同じ箱入りのを使えと言われ、あげく動かない
ポットの件については壊れてると言ったら、新しいのを買ってきた母。しかし、靴と一緒に入っていた調理器具を使わせた事については言及しないので、「汚いやろ!」と言うと、真顔で「なんで?」このっ天上知らず馬鹿!
以上の事柄のような事が一度でないので、正直妹に金銭面や生活面で信用がおけない。よって証書を請求する。

妹、母にされたことはすべて記録済み。
証書を要求する会話はすべて録音する準備OK。
拒否するなら、行政書士を頼む資金準備OK。
物理的に逃げる必要性が出たら、ホテルや親せきなどに飛び込みます。
さらに、妹が暴れても、今では私が制圧可能かと。酒屋の店員なめんな。
そんなわけで、明日仕事したら、士気を高めます。

WEB拍手ありがとうございました!
12月23日3時
ブログ拍手ありがとうございました!
12月22日20時

あなたの拍手で勇気が湧いてくる浮草堂でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード