盗品を拾いました

 本日、盗品を拾い、交番に届けました。
 ちょこちょこメモっていたのでご覧ください。

 仕事帰り、バス停に花柄の手提げかばんが落ちていた。なんか、椅子の隙間に伊勢海老せんべいの空き箱と一緒にはまりこんでた。デザインからしてどんくさいおばちゃんが忘れたんだろうと解釈。一応隣に座っていた、上品に禿げたおっちゃんに、「御主人のですか」と聞いた。
「そんなに可愛いの持たへんわ(笑)」
「ですよねー(笑)」
 暫し和んだ。
 バスまで時間があったので、交番に届けに行った。伊勢海老せんべいの空き箱は、ごみ箱がなかったので放置。この判断がこんなに正しいとは夢にも思わなかった。
 交番には、おばちゃんの婦警さんと、おっちゃんの部長と新人っぽい警官。いつも届けるだけで帰るけど、新人さんの書類作成の勉強がしたいらしく、有無を言わさず拾得届けを欠かされた。
 「荷物多くて忘れはったんですかねー」
とか言いながら、書類を書いていると、バスが行ってしまった。もう後、30分来ないなー。あーあ、と思いながら、新人さんが書類を頑張っているのに付き合う。お茶出してくんないかな、と、思った瞬間、おばちゃん婦警が叫んだ。
「これ、例のブツや!」
 即座に爆弾拾ったんだ! と思い、ビビる私。おっちゃん部長が
「でもお菓子の箱ないぞ! お菓子の箱!」
と叫ぶ。まったく何がなんだか分からないが、お菓子の箱とか言ってるから爆弾ではないんだろう。爆弾がお菓子で鎮まるとは思えないし。すぐに安心。でも、「何故そのように荒ぶるのだー、鎮まれ、鎮まりたまえー!」と叫びたい気持ちにはなった。爆弾がそれで鎮まるなら。
 おずおずと、
「なんか空き箱ありましたけど、ごみかと思っておいて来ちゃいました」
と白状。お巡りさんにごみを無視したというか、一旦拾ったのにポイ捨てしたのを伝えるのは凄く怖いと知る。知りたくなかった。
「空き箱!? 中身入ってなかった!?」
なんでこんなに伊勢海老せんべいの空き箱に拘るのか分からないまま、
「多分……空き箱やったかと……」
と答える。全体的に自信がない。
 そのまま新人警官さんを空き箱の場所まで案内。持って帰った箱を
「包み紙は!?」
「ないけどこれや! 伊勢土産や!」
「中身だけ抜いて行きよったな!」
と、伊勢海老せんべいを巡るスペクタクルが繰り広げられる。私、ぽけっと椅子に座ったまま、ようやく
「どうかしたんですか」
と聞く。いや、どうかしてるのはとっくに分かってたんだけど。
 おばちゃん婦警さん、
「これね、盗品なんですよ」
と教えてくれる。あー成る程と、思った次に冤罪の2文字が頭に浮かぶ。でも、これは私だけのせいじゃないと思う。主にネットで脅迫するバカが悪い。
 そのまま指紋を取られる。が、新人警官さんの手際がめっさ悪くて取り直し数回。しかも、流石お巡りさん、紙に押し付けられる指がめっさ痛い。とりあえず、小説の描写に使う事にする。
 その後、何枚か書類を書く。しかし、冤罪の恐怖でなんの書類書いたかは覚えてない。ちなみに、この間にバスはまた2本去った。
 その間にも、
「トイレの鍵が開かない。誰か潜んでいるようだ」
とか通報が入る。他人事ながら、鍵が壊れてるだけじゃね? と思う。
 何通も印鑑を押し、解放される。印鑑を入れっぱなしだったのはこの為の神様の粋な計らいかと思ったが、いや、じゃあ泥棒させるなよ神様と思い直す。
 そこで婦警さんが、ようやく何があったかを教えてくれる。あの届けた手提げかばんは、自転車置き場に止めておいた原チャリから、車場荒らしにあったものだそう。犯人は伊勢海老せんべいの中身を抜いて、残りは捨てて行ったらしい。泥棒したのに収穫はせんべいだけ、テラバカス。
 交番を出て、バス停に行くと、偶然知人と会う。
「今、盗品拾っちゃいましたよー」
とか話してる最中、新人警官さんが走ってくる。冤罪来たwwwオワタwwwと新人警官さんに着いていく。
 書類の書きもらしがあっただけだった。生きた。何度もお巡りさん達に頭を下げられて、バス停に戻り、帰宅。

おわり

 原チャに荷物置きっぱなしにしないように、って教訓になるとこだろうが、私は原チャどころか自転車にも乗れないんだ。

今日の晩ごはん
BS1AytHCcAA0Wng.jpg

もやし炒め たこわさ おみそ汁(お米抜き)

WEB拍手ありがとうございました!
8月28日22時
おまわりさーん! ここに私のハートを盗んでいった人がいますー!

ブログ拍手ありがとうございました!
理人さん>……彼氏さんの病気は片山さつきと一騎打ちして敗北しない限り無理かと。デメリット言うけど楽しそうじゃないですかー。後、プリキュアハアハアは下なんですか!? 私だいたい似たようなもんですよ!?
この天丼は個人経営のお店なので、奈良でしか食べられません……。なので、是非奈良へ! 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード