実家に帰ってました。

 すみません、用事って実家に帰ることでした。
 いや、実家のPCは妹が電源プラグどっかにもってったから、使えなくて。
 
 私が帰ると、魅惑のデブこと、梓君がめりめりと寝ておりました。
 めりめりというのは、入っている段ボールの悲鳴です。
ママン「最近梓も大人しくなってきてなあ」
浮草堂「へー。あんな暴れん坊やったのに」
ママン「お客さんとか来ても、ちょっかいかけに行かへんようになったわ」
浮草堂「猫にも年取って落ち着くとかあんねんなあ」
ママン「まあ、あのこ、元から頭良いけどな。戸でも人がいたらにゃーんて―」

 ズドーン!!!

ママン「あ、梓!」
浮草堂「うははははっははwwwww」

 梓君、窓枠に飛び乗ろうとして、体重のせいで落っこちてました。
 その落下音は、ビルでも倒れたか!? と思うような激しい音で。

浮草堂「今賢いって言われてたのにwwww」
ママン「アホやわ。やっぱりアホやわ。しかも太りすぎやわ」
浮草堂「君の巨体のどこがwwww この窓枠に乗るのwwwww」
ママン「笑ってるけど、美奈、アンタも太ったで」

 ……やはりばれるレベルに太ったか。

今日の晩ごはん
BLveS_UCQAAcuxv.jpg

ママンがはりきって作った料理と写ってないけどお刺身

WEB拍手ありがとうございました!
6月2日13時
ブログ拍手もありがとうございました!
6月2日2時
あなた方の拍手が心にズドーン!!! な浮草堂でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード