「空六六六1巻 出逢ノ語リ」紹介

 お久しぶり。浮草堂美奈だ。
 まず、本日も連載の空六六六は休載であることをお詫びしたい。
 シンプルな理由で、今から紹介する同人誌を入稿したら、体力が尽きてしまった。心からお詫び申し上げる。
 そういう訳紹介文を書くが、今の浮草堂はゾンビだと思っていただきたい。
 ところで皆様、前回の新刊「桜花咲くひとひらの薄闇にて」を普段の倍印刷したことを覚えておられるだろうか。
 あの時、東尋坊にいるレベルの博打であると書いたので、結果をお伝えしようと思う。
 爆死であった。
 それも東尋坊から飛び込んだのではなく、東尋坊でハラハラしていたら、背後から霊柩車がつっこんできて爆発炎上した。
 つまり、文学フリマ京都に祖母の旅立ちのために参加できず、そのまま首を不随意にして寝込み、医者にだだをこねて参加したテキレボでは、トラブルもあり1時間ちょっとしか参加できなかった、
 さらに、文学フリマ京都に参加するため、私は危篤の祖母を看取らないであろうと思われていたことが判明した。別に怒っているわけではないが、母の葬式の際は坊主に今後法事の類はしない旨をお伝えする覚悟を新たにした。
 そういう訳で、今回の文学フリマ東京は新刊が二冊あるに等しい。
 前回の紹介はこちらだ http://kikumurasakishiki.blog11.fc2.com/blog-category-14.html
 さて、今回の新刊の紹介の前に、この写真をご覧頂きたい。
甘い見積もり

「空六六六」は一章ごとに一冊にし、何年もかけて配布する予定だ。
 予測では右くらいの厚さのものを300円くらいで配布するはずであった。
 本分を編集したところ、左くらいの厚さになることが決定した。
 ここまで見通しの甘い私でも流石にわかる。
 第一巻が千円という価格設定の、最低二年はかかる連載小説本は売れない。
 しかも、いつも使っている印刷所がいっぱいになっていたため、千円でもやや赤字だ。
 第一刷がはけない限り、赤字でなくなることはない。
 つまり、ヘヴンズ・ドアーでいらした、連載は完結してから購入する派の方は、途中で続きが読めなくなる可能性が高い。
 印刷代がなくなってという理由で。
 私のことなので、餓死寸前まで続刊の刊行は続けるだろう。
 だが、いざ餓死という局面になれば、おそらく餓死はしない。
 ATMの前で年金を引き出しにきた老人を襲って金を奪って逃げるとか、そういうことをする。
 そういう訳で、WEBでも続きは読めないし、他の作品も発行されないし、私は何年もネットから消える。
 最早記憶からほとんど消え去った頃、ツイッターにいきなり「出所なう」とかツイートがあるだろうが、おそらくあなたの取る行動はブロック一択だ。
 そういう訳で、連載は完結してから購入する派の方も、今回ばかりは信念を曲げていただきたい。
 前置きが長くなったというか、前置きが全てみたいな話になったが、作品紹介である。
空六六六1巻表紙
 今回もフリー素材を使用しての自作表紙だ。
 前回が霊柩車とともに爆発炎上したので、どういうことを書けばキャッチ―かよくわからないが、キャッチ―と思われるあらすじを書いておく。
 ガリガリの上いつも学生服で左目に眼帯をした美少年が、最上級女悪魔メフィスト・フェレスと契約し、日本刀で悪魔を斬り殺したり、因習残る山村を焼いたりする。後、冒頭にゲーテのファウストの引用がある。
 皆さんの頭に即座に「厨二病」という単語が頭に浮かんだと思うが、実はこの作品はリアル中学生の頃には欠片も思いついていなかった。
 何故なら、私がリアル中学生の頃にハマっていたジャンルは「百鬼夜行シリーズ」(京極夏彦)だったからだ。
 和。それも妖怪だの民俗学だののタイプの厨二病であった。あの黒手袋も当然持っていた。
 そういう訳で、三十路近くなって初めてこのタイプの厨二病を書く。当然キャラクター設定集などない。中学生の頃テニプリにハマらなかったからである。
 だが、アラサーにもなって、心臓の上に666の刻印とか黒いゴシック調のドレスとか書いてるだけで満足できるだろうか。
 当然できない。むしろできたらダメなヤツだ。
 そういう訳でこのシリーズは主人公、七竃納君の成長の物語だ。
 彼は発達障害を抱えている上に、モラハラ家庭で育ち、学校でもいじめられ続けた。
 ここで少年版戦う小公女セーラを書くのは簡単だが、そういうのは現役中学生がいくらでも書いているので私が書かずともよい。
 苦労した結果、彼は見事に歪んだ。異常な正義感でもって、人を呼吸するように殺害し。僅かな罪でも犯した人間を罰するのでなく「もっとも手軽な排除」と殺人を推奨し、自分が命を落とそうとも他人を助けることを「誰でもできて当然」と考え、表情はほとんどない。
 そんな彼が、巻数が続くにつれて、人間に近づいていく。少年から男になっていく。
 要するに、これは名前のない怪物が、人間らしい怪物になる過程を描いて行く物語だ。
 確かに完結まで時間はかかるが、彼の成長を見守ってほしい。
 そしてもう一つ、第一巻はご覧になった方が、自分の中の七竃納に気付かれることもあると思う。そんな方が、自分をほめてあげられるような物語にしていきたいと思う。
 最後に、これはキャッチ―でもなんでもないが、登場する教師のクズさがとても生々しい。元教員の方が「いるのー! こういう人! ホント困るの! こういう人の次に担任持つとホント苦労するの!」と闇の記憶が開いていたので相当だと思う。
 それでは、長い付き合いになると思いますが、よろしくお願い致します。
 完結する前でも、全然別の物語も発行するのでそちらも!

 さて、ここからは汚いお話。
 あのですね。他の同人作家様はそうでない場合もありますが、浮草堂は割と宣伝が売り上げに直結するタイプです。
 宣伝でですね、見て嬉しいのって。
 えっちなものだったりしますよね。
 はい! ピクシブに七竃納君がえっちなカンジのお話あるよ! BLもNLもあるよ!
https://pixiv.me/ukikusado-926
 だから本買ってね!

 WEB拍手ありがとうございました!
 4月2日 1時
 4月19日 1時
にパチパチ下さった皆様、ありがとうございました!

 ログが流れてしまいましたが、ブログ拍手もありがとうございました!
 
 あの、皆様の拍手を支えに復帰できるように頑張ってますんで! ホント……必ずまたなんかおもしろいこと書いて恩返ししますんで! ありがとうございました!
スポンサーサイト
プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード