梓君が天国に旅立ちました。

 本日明朝4:30頃、魅惑のデブこと梓君が、天国に旅立ちました。
 あんなに太っていたのに、最期にはガリガリに痩せてしまっていました。
 眠っていた浮草堂が、「ギャーッギャーッ」という梓君の声で目を覚まし、かけつけた時にはハー、ハー、と荒い息をしていて倒れていました。
 そして、昨日から口の中を出血していたので
「口か? 口ふこか?」と声をかけて、ティッシュを取りに行った、ほんの数秒の間に息を引き取りました。
 お見舞いを下さった皆様、ありがとうございました。
 飼い主の勝手な感傷かもしれませんが、梓君は最期に私達に会いたくなって、大きな声で「おかあさーん! おねえちゃーん!」と呼んでくれたのかもしれません。
 おねえちゃんの顔を見て、安心して逝ってしまったのかもしれません。
 棺は、大好きだった段ボールにして。
 大好物の焼鮭と、山ほどの鰹節と、お花を入れてあげました。
 えっとこっからは本当の話ですけど、幻聴とか聞き違いとかかもしれないので、流してくれるとありがたいのですが。
 母と二人で段ボールの前で手を合わせている時
「にゃーん」
って声が聞こえたんですよ。
 空中から。
 母にも聞こえたのですが、母は「虫の音かもしれない」とも思ったそうですが。
 まさか、梓君の挨拶でしょうか。
 いや、まさか。
 梓君、ありがとう。
 君といられて、おねえちゃんすっごく幸せだったよ。
 お魚の奪い合いだって、寝る時のベッドの奪い合いだって、ホントは楽しかったんだよ。
 原稿を書いている時に、ヒーターに当たりにきてくれたとき、いつも嬉しかったんだよ。
 うちにきてくれたとき、君が縁の下に潜り込んで、おねえちゃんが無理やり引っ張り出そうとしたら、思いっきり噛んだことがあったね。
 あの傷、今も残ってるよ。今になると、大事なものに思えるよ。
 梓君、お空で鮭と鰹節をいっぱい食べて、またまるまると太って、幸せに暮らしてください。
 そして、おねえちゃんたちが生きている姿を、お空から見守っていてください。
 気が向いたらで、起きていたらで、いいから。
 梓君、さよなら。
 でも、今晩だけ一緒に寝よう。おねえちゃん、段ボールの前にお布団しくから。
1469939387112.jpg(生前の彼は寝ている写真ばかりです)

 ブログ拍手ありがとうございました!

 7月31日 22時にお二方

 本当に励みになりました。
スポンサーサイト
プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード