「空六六六」修行ノ語リ「DNAにシミがある」1話


 最初にお詫びいたします。
 復帰宣言したブログ更新。
 尼崎文学だらけで初配布の無配コピー本が何もかもギリギリすぎてムリです!
 もはや現在地点が殺人鬼無限回廊。
 気合いの入り方がとどまることを知らない、美青年の徐々に壊れる精神の描写。
 A4三段組で10ページ目の現在、まだ父親しか殺してない!
 それでも詳細に書いてしまう、自分が監禁されたのではと気づくまでの部屋の違和感!
 さらに本日更新分を食い潰すソ連愛!
 小説家になろうのヘヴンズ・ドアー掲載分もソ連のターン!
 殺人鬼とソ連を反復横跳びして書き上がった本日。
 私の中で「ペレストロイカ」が単位になりました。
 大好物の超濃厚チョコレートケーキを飲み物なしで止まらぬおかわりをしている心境です。最高の夏です。

 はい、と、言うわけで本日の更新!
「空六六六」修行ノ語リ「DNAにシミがある」1話
 別タイトル「KGBよ永遠なれ」

「本題に入ろう」
「ああ」
 ブロッコリーを口に入れる。トマトソースに南米チックな香辛料が入っている。
 口調が平坦になる。
「僕は君、というか君たち三人。今同居している16歳の三人を信用していない」
「ふうん」
「会話が成り立ちやすくてありがたいよ。信用していない理由を話すけれど、これは後の二人には伝えない方が賢明だ。伝えてもいいことがない」
 向こうもペンネにフォークを突き刺す。
「僕は確かに天才だが、戦闘能力はあんまり高くない。メフェイストの軍勢ではの話だけど。人間の限界を数段階越えた連中の中で、すこぶる強い人間なんて埋没するからね。
まあ、それを補うように用心深い。まだアフガンにいる間に、君たちの身元調査をプロに依頼したんだ。
メフェイストが噛んでいないつてでね。
長く生きて役職持ちになると、こういう人脈がよくできる。
長生きはしといた方が得だ」
「具体的にはどういうプロ?」
「それを明かすともう何も頼めなくなるプロ」
「ああ、ならいいわ」
 お互いペンネを口に入れる。熱い。
「前提として、この結論は感情を排除したうがった見方だということを頭に入れておいてほしい。ただ、面倒だった。ただ、計画性がなかった。ただ、なんとなく気にくわなかった、そういうことが原因の可能性の方がよっぽど高い」
「しかし、感情を排除しない限り不審な点がある」
「そうだ。君たちは全員血縁者に怪しい人間がいる。そして、その血縁者と今までつながりがなかったことと、今後つながらないことを保証できる人間はいない。
その怪しさの方向は悪魔より人間よりだ。犯罪とか政治とか国家とかそういう方向だ」
 お互いフォークを止める。
(本文より)


 みんな思ってるだろうけど、私が一番思ってるから言うね。
 いつ魔王出てくるんだよ!!!
 後、ジョーイ・ラスボーンアメリカ空軍中尉が、戦のトラウマだらけなんですけど、軍人向いてないんじゃ……。
 しかしそういうのを補ってあまりあるソ連愛! 是非ご堪能ください!

 毎度のことですが、ご覧頂けましたらWEB拍手をポチっとしてくださいましたら幸いです。
 今回やたらテンションが高いのは、精神崩壊殺人鬼化をずっと書いているからなので、お気になさらず。
 自分が書いてるんだろ! 引きずられるな!
 ご覧になられる分には大丈夫ですよー。
 自分を買った男を殺して放浪する売春美青年、という言葉に心が動く方なら魂を震わせることが可能かと思います。
 
 そして尼崎文学だらけのWEB通販が始まりました!
 当日会場に来られない方の代わりに、スタッフさんが代理でお買い物をしてくださるサービスです。
 浮草堂の同人誌も対象ですよー。リンク貼りますね。
http://necotoco.com/nyanc/amabun/amaorder.html
 うちの同人誌以外にほしい本がある方は……BOOTHで注文するよりこちらをご利用なさった方が送料が得かも(ぼそっ)

 あ、そして今回、「桜花咲くひとひらの薄闇にて」に公式推薦文をいただいております!
 http://necotoco.com/nyanc/amabun/bookview.php?bookid=247

 お取り置きのご希望などございましたら、ブログのコメント、メール、ツイッターでお気軽にお申し付けくださいませ。
 拍手の類いは確認が遅れる可能性がありますので、お取り置きのご連絡にはちょっと向いてなさそうです。
 初対面ややりとりをしたことがない方でも、お気になさらずに。こちらから交流を迫ったりしませんし。
 持ち込み部数の参考になります(真顔)

 ではでは、お楽しみ頂けましたら嬉しいです。
スポンサーサイト

空六六六「修行ノ語リ」蛍とジョーイ結話アップ! オフラインに文学フリマ大阪の配置アップ!

 こんばんは! 浮草堂です! 暑い!
 
 文学フリマ大阪の配置が出ました!
 
 にてお待ちしております。
 新刊は9歳女装メイドちゃんと奥様の(メイドちゃん視点では)穏やかな生活を描いた作品になりそうです。
 まだ一行も書けてないです! ヤバい!

 さて、空六六六、蛍の修行編が終わりました。
 書いてる人の絶叫。
「お前らもっと単純で人を疑わない会話してくれ!」
 ユキとマリュースクのロシア師弟の会話が、脊髄反射みたいな会話だったので落差も激しく……。
 きつかったよ!!!
 相手の値踏みで三話も使うってなんだよこいつら! 慎重に生きすぎだろ! 絶対訪問販売の羽毛布団とか消火器買わないだろ! 見習わねえとな!
 そして宣言しますが。
 ゴールデンカムイは書いた後に読んだから! ハーツアンドマインズ観て思いついたからこれ!
 
  妙高蛍現在地、二階非常口。
 ジョーイ・ラスボーン現在地、一階警備室。
 ジョーイは思考する。
 えらく、潜入がラクだな。
 悪い予感ではない。ただ、異常にここまでで人に出会わないだけだ。
 どちらかといえば、ジョーイの方が出会っている。警備室に元からいた男と、さっき入ってきた女。どちらも死体になっているが、
 悪い予感ではない。
 ただ、何の予感なのか理解できないのなら、感じるだけ不快だ。
「っていうか、ダクト入って何してたの?」
「使えそうなモンないか探してただけ」
「その割に荷物増えてないね?」
「いろいろ使えそうなモンはあったけど、持って行くのはなあって」
 現在の装備は消音装置つきにカスタムしたS&W M&P。予備の弾丸は二セット。そして発煙筒。水筒。すべて腰にぶら下げている。
「ライフラインは何が生きてる?」
「電力のみだな。まあ、携帯の充電はできる」
「火災報知器は?」
「音は鳴るけどスプリンクラーは無理だな」
「オッケー」
 確かにインカムで会話し、いつでも救助に行けるようにしているが。
 初陣で敵陣に単独潜入してる雰囲気じゃないというか。
「なんだか慣れてない?」
「そんな訳ないじゃん。っつか、俺がパニクったら大変なのあんただよ」
「まあ、そうなんだけど」
(本文より)


 ではでは、毎度の決まり文句のようになっておりますが、ご覧いただきましたらWEB拍手をポチっとお願いいたします。
 あ、後、小ネタをツイートしたり、ぷらいべったーに掌編あげたりしてますのでそちらもよろしくお願いします。
 では、お楽しみいただけましたら幸いです。

ログが流れてしまいましたが(すみません)、ブログ拍手ありがとうございました!
皆様の拍手で今週も更新できた浮草堂でした。

空六六六「修行ノ語リ」蛍とジョーイ3アップ!

 どうもー! 浮草堂です! 眠い!
 
 いやはや、妙高蛍の修行編が意外と長くなってちょっとびっくりしております。
 そして長くなっている理由が、「暴力より会話を重視している」に尽きておりまして、おいロシア師弟大丈夫か逆に。
 
 弾痕が一つだけある的の前で、蛍はうーんと唸った。
「当たんねえなあ」
 ジョーイは呆れなのか賞賛なのか中途半端な顔をする。
「当たってるんだって」
「だってこれ十一発も弾入ってるじゃん」
「映画でも漫画でも全弾命中させる人は凄腕のガンマンって呼ばれるだろ。普通は一発も当たんないんだよ」
 むしろこれなんで当たってるの、とジョーイは一発だけの弾痕を覗き込む。
「わかるわけないでしょ。俺は今日初めて拳銃を両手で構えるって知ったレベルだよ」
「でも、これ当たったのは片手で撃った時なんだよなあ」
 ジョーイは首を傾げて唸る。
(本文より)


 ロシア海軍出身マリュースク。AK-47を16歳の女の子にぽいと渡して、自分に一発ブチ込んだら戦い方を教えるが、構え方やセーフティの外し方など全部自力で考えろとかやってましたね。
 脳筋ですかそうですか。
 蛍とジョーイの会話を書いてる時、学力がインフレしてるような気がしてましたが。
 ユキとマリュースクの会話が学力のデフレをしていたということに気付きましたよ。
 美奈ちゃんはかしこいので。

 次回で蛍の修行編が終わります。
 毎回しつこいほど言っておりますが、ご覧下さったらぜひWEB拍手をポチっとなと。
 ではでは、お楽しみ頂ければ幸いです。

WEB拍手ありがとうございました!
7月7日 16時
にパチパチ下さった方

ログが流れてしまいましたが(すみません)ブログ拍手ありがとうございました!

 皆様の拍手で今週も更新できた浮草堂でした。

「空六六六」修行ノ語リ「蛍とジョーイ」2話アップ オフラインに尼崎文学だらけの配置追加

 こんばんは! 浮草堂です!
 出かけられるようになったのが嬉しすぎて、カフェでコーヒー飲みながらスマホいじったり本を読んだりしてだらだらしまくっていたら、早くも様々なものが滞っております。
 これ以上自業自得なことをするならガチャの爆死かギャンブルにハマるしかない。
 今回も更新も、カフェにノーパソを持ち込んで書いておりました。
 わー、ローリング先生みたーい、あ、息抜きにツイッター開こう。
 ばーんとBでLな美青年のなまめかしいお顔が表示されたんですけど、ダンブルドア先生の仕業かな!?
 今回は妙高蛍ちゃんが先生に会う話だったのですが、アブラケタブラ(物理)の使い方を教えてくれる先生に会う話ではハリウッドで伝説にならないようですね。原作と映画どっちもイイが、ファンタジックビーストもホントにイイ。
 最近ツイッターで時事ネタ空六六をやっております。
 ツイッターで話題になったことについて、空六六六のキャラが言及するという花火は花火でも手持ち花火両手十本持ちみたいなことやっております。
 本が売れなきゃ印刷代に困るから宣伝してるんだよ!
 例えば昨日のツイートではこんなカンジですね。
ジョーイ登場予告

 前フリご覧いただきありがとうございます。
 本日の更新分の本文一部です。

 「用事?」
「今すれ違った外人。あれ、見ない顔だしカタギっぽかったっしょ。観光感覚でこの街に来られるとマズイじゃん? ちょっと注意してくる」
「わかった。気を付けてね」
「大丈夫。ヤバいことになったら逃げるから」
「姿見えないけど」
「まあ、近くにいるでしょ。見つからなかったら運が悪かったってだけだし。あ、帰りにメドウェーヂで晩飯買って、ついでにユキもテイクアウトしてきてよ」
「わかった」
 大柄な体が見えなくなる。
 蛍はすぐ横の角を曲がる。
 先程の黒人が煙草を吸っている。
「吸う?」
 箱を差し出される。
「ゴロワーズ・カポラル。両切りだし香りが独特だから、無理にはすすめない。僕も別に大好きってわけじゃない。ゴールデン・バッドがフィルター付になってからずっと難民やってるんだ」
 蛍は下から睨(ね)めつける。
「俺は煙草は吸わない。服がヤニ臭くなるから」
 はは、と黒人は笑う。
「未成年なことよりそっちが重要?」
「バカ言ってんじゃないよ。未成年の魅力って一番メジャーなのは清純さでしょ。ヤニ臭い清純派アイドルいる? 未成年だから、ヤニ臭くしない。OK?」
 で、と続ける。
「軍人さんがこんなとこで何やってんの?」


 みんな思ってたかもしれないけど、書いてる人が一番言いたかったから言うね!
 なんで二章に入ってからやたらギャグシーンが多くなるの!? 愉快なお師匠様方のせいだよね!?
 
 同じく昨日ツイートした第1の愉快なお師匠様マリュースク。
マリュースク登場紹介

 そして予告。
鏑木一刀斉登場予告

 毎度おなじみのセリフですが、ご覧下さったらWEB拍手をぽちっとしていただければものすごくやる気がわきます!
 ではでは、お楽しみいただけましたら幸いです。

 ……尼崎文学だらけに関してはもうちょっと告知をお待ちいただけますか……。
 怠けすぎて……何一つ準備が……。

WEB拍手ありがとうございました!

 6月10日 20時
 6月22日 14時
ログが流れてしまいましたが(すみません)ブログ拍手ありがとうございました!

 皆様の拍手を励みに新刊などがんばりまっしょい!

「空六六六」修行ノ語リ「蛍とジョーイ」1話アップ 小説家になろうへのリンクをトップに

 こんばんは、浮草堂です。
 明日からまた上京するので、木曜日更新です!
 
 まずはお知らせ。
 小説家になろうに投稿させていただくようになりました。今のところなろう様でしか閲覧できない小説は同人誌「スカル・ヘルモンド」(短編)の再録だけです。
 今後メインのオンライン活動場所を小説家になろう様に変更する予定はございません。
 が、とりあえず、インチキ西部劇「スカル・ヘルモンド」はわりと同人誌の方は人気があったので、ぜひご覧ください! インチキ西部劇です! 骸骨男のガンマン死刑囚を、二日以内に殺害するという特殊保安官試験! しかし、骸骨はソッコーで脱獄してしまい……? みたいな。ハードボイルドとしてはいつもより王道よりかもです。
 (普段の浮草堂小説のハードボイルドな部分→金にやたらシビア。すぐ金の話。話を受けるかはわりと金次第。条件次第ですぐ敵対するしすぐ手を組む。

 さて、今回は妙高蛍ちゃんの修行編導入です。

  いや、学ラン着てるからじゃん。補導とか困るんだけど、と思いながら偽ブランドのバーバリーを見ていると。
「挨拶がわりにジュースやるよ」
「ありがとう」
「コラッ」
 即座に振り返った。
 何をこんな街で知らない人間に貰ったモン飲もうとしてるんだコイツは。
 きょとんとこちらを見る襟首をつかんで
「俺たちもう行くんで、じゃ」
「服はいいの?」
「バーバリーなんか似合う歳じゃねえから!」
「ふうん」
 その手に持ってるの紙コップじゃん、何考えてるのお前を飲み込み。
 ぽうっとした顔をしているのを引き摺って行こうとすると。
「おい、待て、財布出せ」
 強盗に人目を気にする様子ゼロ。
「強盗?」
 何を質問してるんだお前は。(本文より)

 今回のぷらすで高いものを衝動買いするタイプの浪費家であることが明らかになったメフィストですが。
 彼女の浪費っぷりにはモデルがいます。
 浮草堂の詩吟の先生(70代未亡人子どもなし)
浮草堂「(写真を見ながら)今回の着物もきれいですねえ」
先生「でしょう? これ着て踊りたくなった(先生は踊りもやっていたがそっちでは生徒の立場。日舞ではないけど和服)なったから買うてまいましたわ」
浮草堂「買わはったんですか!? はー、だいぶ高そうですけど(関西人)」
先生「んー、二百万とちょっと? あ、良かったら着やへん? あたしくらいの歳になるとこんな派手なんは踊りの時しか着ることないし」
浮草堂「にッいッいえ、さ、さすがにそれはちょっと……」
先生「えー、そう? どうせもう置いとくだけやし遠慮せんでええんですで」
浮草堂「置いとくだけなんですか!? 一回しか着てないのに!?」(転売のしかたすらわかんねえよ。そんなん)
こんなこととか。
先生「浮草堂さん、これあげるー」
浮草堂「あ、ありがとうございます……あの、でも私別に何も……」
先生「ああ、ええんですわ。こないだ伊勢丹行ったらすごくかわいい店見つけましたんですけどな。売ってるモンがみんな若い女の子向けやったから、浮草堂さんしかあげる相手いやしませんねん」
浮草堂(じゃあ買わなくても!)
(帰宅後)
妹(当時女子大生)「お姉ちゃん、このハンカチどうしたん!?」
浮草堂「詩吟の先生がくれはったんやけど」
妹「このブランドのモンがほしいからって理由でバイト始める子がいるようなブランドやでこれ!」
浮草堂「やっぱりか!」
(後日)
浮草堂「先日は結構なものをいただき」
先生「……(思い出そうとしている様子)あ、あーあー、えらいかわいいお店やったからなんか買いたくなりましてな。気にせんでください」
浮草堂(先生は気にしてください……! せめて忘れないでください!)

 おっと詩吟の先生の浪費家エピソードが一番長くなってしまいましたね。あの「買ってる時が楽しければそれ以外どうでもいい」という浪費家っぷりはいつか書きたいと思っていたので満足です。
 ちなみにご友人の仰った言葉「あの人と出かけるとさすがに時々止めるねんけど、「だって貯め込んでも葬式が豪華になるだけやん、私楽しないもん」言われたら何も言えんねんよ……。なんか高いものでほしいのあったら先生に聞いてみ。ほったらかしにしてるのがあるかもしれんから。

 では、毎度おなじみのセリフですが、ご覧下さったWEB拍手をポチっとしていただけると、パワーがみなぎってくるので、よろしくお願いします。

 WEB拍手ありがとうございました!
 6月4日 11時
にパチパチくださった方

 ログが流れてしまいましたが(すみません)ブログ拍手下さった方もありがとうございました。

 皆様の拍手で今週も更新できた浮草堂でした。
プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます
サイト キクムラサキ式
サイトに小説掲載中。
同人誌即売会にも、ダークファンタジー小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード