空六六六「修行ノ語リ」水無月6話アップ! Text-Revolutions配置決定!

 お久しぶりです。浮草堂です。(ナイトウォーカーのごとき顔)
 空六六六「修行ノ語リ」水無月6話アップしました!

 精神を怪物と変えた少年と、最上級悪魔【鉄の女王】メフィスト・フェレス。
 刀と銃で紡がれる、現代ファンタジー戦記。
 目に見えないものは存在しない。目に見えるものは必ず殺せる!



 小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/1077684/

個人サイトキクムラサキ式
http://zankokusyosan.moe.in/

 京都府警から情報が流れてきた。
「あっちゃこちゃで銃(チャカ)が動いとる」
 どこに売っているのかという質問への回答。
「売ってるんやない。使てるんや」
 1つ目の事務所正面で、一刀斎は今度は口角だけ上げて笑った。
「納。今日は儂にしかできんことを見せてやろう」
 なにが儂にしかできんことだ。だいたい刀一振りで事務所を潰しているというだけで眉唾ものだ。銃が使われているなどガセに決まっている。この男一人でそこまで強いわけがない。それを正面に車をつけるとは。監視カメラに丸見えだ。もう怒声だの足音だのが聞こえてくるではないか。門が開いたらすぐ車を出す。己を臆病だとは思わないが、無駄に死ぬのは勇敢さではない。
 一刀斎が木製の扉の前に立った瞬間、サイドブレーキを下ろした。まだガキが下車しきっていないが知ったことか。
 しかし、アクセルは間に合わなかった。
 一刀斎が扉を蹴破ったのだ。
「鏑木流抜刀術、推参!」
 一刀斎の大音声。走る組員たちの殺気。居合抜きの構え。鯉口が切られる――。
 太田の記憶はそこまでしかない。
(本文より)


 人類に告ぐ、恐怖せよ。


 えー、数日前までこの第二章を書いておりまして。
 数日前第二章を書き終えたところでございます。
 いやー、終わりごろ、「薔薇風呂をテレビで観たエプロンドレスのショタが作った雑草風呂に入って、一日の疲れを洗い流して土臭くなりたい」とかツイートしてましたね。ヤバかったですね!

 しかし! これで空六六六2巻&金蚕新装版&同人ストレイドッグス総集編の夢のトリプルを携えて、Text-Revolutionsにはせ参じられるわけですよハニー!
 Text-Revolutions! 通称テキレボ! 大人の文化祭と呼ばれる創作文芸オンリーイベント!
 浮草堂の配置はE-23でございます!
 そしてええ! 当日は七竈納のコスプレをしております! ガチ勢から「そんなもんコスプレじゃねえ」と思われる拙いコスプレですが! もう学ラン買っちゃったし!
 そういうわけで7月16日は、東京都立産業貿易センター台東館にぜひともお越しください!

 それでは! Have a good time!

WEB拍手ありがとうございました!

 5月14日23時
 5月21日22時
 5月27日15時

ログが流れてしまいましたが(すみません)ブログ拍手ありがとうございました!

 皆様の拍手で今月も更新できた浮草堂でした。
スポンサーサイト

空六六六 修行ノ語リ 水無月5話アップ!

 こんにちは、浮草堂です。
 世間ではGWとあたかも本日初夏が始まったようなことを言っておりますが、私の原稿はずっと前から6月だし今月いっぱいはきっと6月だしWEB連載にいたっては今年いっぱい6月じゃボケェ!
 そういうわけで空六六六の修行ノ語り「水無月」5話アップしました! 書いてる私は終わりが見えてるからカビが生えないし腐敗は手遅れですが、ご覧くださってる皆様にはゴールが見えないとリタイアしたくなると存じます。わかる。公開しよう。プロットでは全16話で「水無月」及び第2巻完結となっております。
 どうかお見捨てくださいますな! 丁寧に書いておるだけにございます!

 と、いうわけでこちらからご覧ください。

 小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/1077684/

個人サイトキクムラサキ式
http://zankokusyosan.moe.in/


 精神を怪物と変えた少年と、最上級悪魔【鉄の女王】メフィスト・フェレス。
 刀と銃で紡がれる、現代ファンタジー戦記。
 目に見えないものは存在しない。目に見えるものは必ず殺せる!

 盆地の梅雨というのは忌ま忌ましいとか憎らしいとかそれ以外形容できない季節だ。
 山に閉じ込められた空気は太陽光でスチームされて溜まり、そうでない日はドカドカ雨が降る。
 じっとりと張り付く、不快指数。
 自転車の籠に全部放り込んで、戻り橋の方へペダルをこぐ。
 元はあの世とこの世の境だったと云われる橋。
 現在はコンクリート製の橋の傍らに、小さな児童公園がある。
 この辺りは住宅地だ。京都の者以外は観光地と思っているが。
 ブランコの傍らに古ぼけたベンチがある。
 道着の背中に、縹色の縮緬が垂れ下がっている。出会ったときは前でちょうちょ結びにしていたそれは、今は後ろで縦結びになっている。
 この数週間で、ずいぶんと大きくなった背中。
 七竈は結局、蹴上の師匠宅へ通いで学び、八条の民泊に帰る生活を送っている。「でも時々先生のとこにお泊まりもするよ」とのこと。
 稽古が終われば、篝火の家に遊びに来る。
 蹴上から堀川通りは結構距離があるのだが、とことこ歩いてくる。
 ……もう、とことこというオノマトペが似合う容姿ではない。
「とにかく体をでっかくしろ」という師の方針により、どんどん筋肉質になって。
 儚げな美しさは消えた。
 代わりに、誰もが振り向く華やかな美しさを手に入れた。
 自転車の音に気付いたようだ、ぱっと立ち上がり振り向く。
「かがり火ー!」
 右手を大きく振る。しかし、篝火の視線は左手に奪われる。
「何してんねんお前!」(本文より)


 京の都は花盛り 葬式花の紫陽花が 昔のこころにひやりとさわる


 ログが流れてしまいましたが(すみません)ブログ拍手ありがとうございました!

 皆様の拍手で今週も更新できた浮草堂でした。

空六六六 修行ノ語リ 水無月4話アップ!

 これを書いてる今は昼間だけどこんばんは! 同人のアイドル☆美奈ちゃんだよっ☆(予約投稿に合わせる意識の高さ)
 
 さてさて、「空六六六」修行ノ語リ「水無月」第4話をアップしました。
 今回は、伊豆の踊子ならぬ吉野の踊子ごっことして、旅館に滞在して書き上げました。楽しかったー!
 詳細をつっこむと温泉旅館ではなく、実質は完全に民宿なところに数日間の宿泊というところからつっこまないといけなくなります。
 おわかりですね? つっこんではいけない! だいたいリアルで川端康成すると何か月も無銭滞在しなくちゃいけなくなるから!
 そんなスリリングな状況で書けないから!
 さっきもちゃんとクレカ決済できてるか確認したところだから!

 と、いうわけで

「空六六六」

 精神を怪物と変えた少年と、最上級悪魔【鉄の女王】メフィスト・フェレス。
 刀と銃で紡がれる、現代ファンタジー戦記。
 目に見えないものは存在しない。目に見えるものは必ず殺せる!

 小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/1077684/

個人サイトキクムラサキ式
http://zankokusyosan.moe.in/

「陽炎お兄ちゃん……?」
 男特有の艶めいた低い声。アンバランス。既視感。否。既に見知った人物。
「なんや、お前か」
 七竈であった。生きていたのか。意外だ。
 隣で弟が嬉しそうなゾンビといった体(てい)で立っている。
 ああ、こいつは七竈に惚れとったな、と思いながらスルーする。
「兄貴、なんで男やって教えてくれへんかったんや」
「自分で気づけ、アホ」
 年の離れた下の子らしい発言だが、こちらも兄らしく冷たく対応する。惚れた相手の性別くらい気づけアホ。
「で」
 長身の女に向き直る。白磁がごとき白い肌、ゴシック調ドレス。顔のパーツがどれも品の良いつくり。こちらの方が人間らしい。
 しかし、人間ではない。
「なんでおんねん。メフィスト・フェレス」
「土御門の。運というのは自分で引き寄せるモンや。しかし、運が良かったときの感謝の心を忘れたらあかんぞ」
 人を叩き起こしておいて、何をしみじみ語っているのか。まあ、七竈とこの女が一緒に来た地点で、良からぬことをしでかしたのであろう。
「メフィスト、陽炎お兄ちゃんの知り合い?」
「ああ、先代のころから仕事でなぁ」
 親しげな口調。男女の関係ではない親しさ。
 呪い持ちか。
 ふいに嫌な感覚を覚える。感情ともいう。哀しみともいう。
(本文今回更新分より)

 少年時代の苦い過去。それを活計(たつき)と変えた後。小さ子がまた少年となりて蘇る。

WEB拍手ありがとうございました!
3月22日 5時
3月31日 21時
にパチパチくださった皆様

ログが流れてしまいましたが(すみません)ブログ拍手ありがとうございました!

皆様の拍手で今月も更新できた浮草堂でした。

「空六六六」修行ノ語リ「水無月」3話アップ!


 こんばんは、浮草堂です。
 春ですね!(満面の笑み)
 ミドリムシ並みに太陽光大好き乙女として、冬の終わりほど嬉しいものは少ないです。
 キャップとジーンズ姿で徘徊しておりますですのよ。
 最近ベリーショートにもしましたのよ。
 恐ろしいほどハンサムですのよ。
 たまに性別をめっちゃガン見して確認されますのよ。
 わりぃなあ! そのイケメンは女だよ!(胸を寄せてあげながら)


 さて、「空六六六」修行ノ語リ「水無月」3話アップしました! 以下URLよりどうぞ!

 小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/1077684/

個人サイトキクムラサキ式
http://zankokusyosan.moe.in/

 
 精神を怪物と変えた少年と、最上級悪魔【鉄の女王】メフィスト・フェレス。
 刀と銃で紡がれる、現代ファンタジー戦記。
 目に見えないものは存在しない。目に見えるものは必ず殺せる!



 出会いが出会いであったのは認める。しかし、こうも無表情に不服なツラができるものか。
 目の前の少年を見上げて、内心舌打ちする。
 他に弟子がいないと知ったときから、露骨なツラになっている。
 もっといいのが良かったとでも言いたいのか貴様。
 座右の銘。武人は単純であれ。
 かくして、一刀斎は即座にヤキを入れてやることにした。なめられたら二度となめられぬようにビビらせるのだ。武人は単純であれ。
 まだ詰め襟のガキを睨みつける。
「斬られた痛みを教えてやる。今から貴様をたたっ斬る故、貴様はまっすぐ突っ込んで来い」
 抜刀。次の瞬間、傍らの梅の木を両断する。
 どさりと木の半分が地に落ちる。少し惜しく思ったが、口には出さない。代わりに嘲る。
「どうした? 早く来い」
 無銘ながら白々とした秋水を見せつける。さすがに恐れたであろうと口角を上げる。
 ガキはじいっとその日本刀を見つめている。そして確認する。
「まっすぐ突っ込んで斬られるだけでいいんですね?」
 相変わらず表情がない。
「うむ。早うやれ」
「わかりました」
(本日更新分より)


 舞台は京都、学ぶは剣術、知らぬは恋なる不可思議感情。いくさの支度をご覧あれ!


WEB拍手ありがとうございました!

 2月10日 9時 16時 2月24日 18時
にパチパチくださった皆様

ログが流れてしまいましたが(すみません)ブログ拍手ありがとうございました!

 皆様の拍手で今月も更新できた浮草堂でした。
 

「空六六六」修行ノ語リ「水無月」2話アップ! トップページちょこちょこ手直し。

 まず最初にお知らせです。
 今後、WEB拍手およびブログ拍手への反応がかなり遅れることがあります。
 予約投稿機能を使用するため、予約した段階で確認できた拍手までしか反応できないためです。
 しかし、冷静を装っていますが、拍手を確認した際はことごとくジャンピングガッツポーズを決めております。
 どうかご覧下さったら拍手をポチっとしてくださいませ……!

 さて、現代ファンタジー小説「空六六六」修行ノ語リ「水無月」2話アップです!

小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/1077684/

個人サイトキクムラサキ式
http://zankokusyosan.moe.in/

 季節も青い、京のまち。心もブルー。カッパはみどり。悪魔と契約した少年、剣術修行のはじまりはじまり。

 言葉が通じないことがよくある。
 故に、七竈納はコミュニケーションが苦手だ。
 それが苦手だと、怒られるし嫌われる。
 故に、彼は人づきあいが苦手だ。
 しかし、苦手なことでもやらなくちゃいけない。
 目の前の店員はまた同じ言葉を繰り返す。
「そちらは汚れがございますので……」
 納は言葉を換える。
「売ってはもらえないのでしょうか?」
 店員はまたリピートする。
「そちらは汚れがございますので……」
 それは1回目に聞いたときにわかったんだけどなあ、と思う。
 聞いているのは、このカッパはいくらで買えるのか、あるいは非売品なのかである。
 しかし、店員は汚れがあるとしか言わない。作り笑いを露骨なものにしながら、頑なに汚れがあるとしか言わない。
 嫌そうな顔で笑顔を作っている。逆に納はいつも通りの無表情で突っ立っている。
 京都はこういうことの頻度が多い。だからあんまり好きじゃない。
 同じく無表情なカッパをまた見る。
 どこかふてくされた顔のカッパである。自分も同じ顔をしているのかもしれない、と思う。
 と、いうことは表情はあるのか。
 しかし、これ以上どうやって回答を絞れば良いのだろう。もはやハウマッチではなく、イエスかノーかを問うだけになっている。
「むう」
 質問を考えこむ。店員の嫌そうな雰囲気が増す。(本文より)


 今回はクッション材的なお話です。浮草堂作品ではレアなタイプの美形。「女と見まがう美しい男」鏑木一刀斎、あまりにひっでえ初登場です。

WEB拍手ありがとうございました!

 1月25日 10時にパチパチくださった方

ログが流れてしまいましたが(すみません)ブログ拍手ありがとうございました!

 皆様の拍手で今月も更新できた浮草堂でした。
プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書きが何か日々喋ってます。
サイト キクムラサキ式
サイト、小説家になろうに小説掲載中。
同人誌即売会にも、不穏な小説を引っ提げ出没します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード