FC2ブログ

読書はたのし「イスラム飲酒紀行」(高野秀行)

 Kindleの端末を購入した。
 嬉しくて源氏物語全巻をダウンロードし、読みふけった。なんと素晴らしき文明の利器。今後はなるべく電子で買おう。我は科学の子。紙にこだわるなど原始人なり。ここまでが前回の頃の心境。
 一ヶ月後。
 「紙の本、紙の本、かみのほん」と、本棚を引っかき回す三十路女の姿があった。
 紙、紙、紙の本。ページをめくって、文字がインクで。紙、紙、紙、紙ーーーッ!
 どう見ても沢尻エリカの超ド級プライベートシーン見苦しいバージョンである。
 原始人どころか現代人の闇だ。しかし、本は合法だ。至急紙の本をキメなければならない。
 軽い文体で早く読めるヤツがイイ。雅な世界で浄化されたから、今度はアクの強いヤツだ。さらにゲラゲラ笑える系だ。
 そんなオーダーに即応えられる冊数を常備してしまっているから、Kindleに走ったのだが……。紙の本(ヤク)中に理屈は通じない。Kindleは別な合法沢尻エリカに手を出しただけに終わった。今日も床が泣いている。端末の中も積んでいる。知るか。こちとら手が震えてるんだ。
「あった!」

「イスラム飲酒紀行」(著:高野秀行 講談社文庫)

 本(ヤク)中がアル中に手を出した。
 念のため。これは比喩である。わたくしは違法なものとは無縁だ。そこは普通の大人だ。
 この本の作中にも「マリファナなんて子供のやるものだ」とある。
 そして次の一文はこうだ。
「大人になったら酒」
 そう。この本(合法沢尻エリカ)は、イスラム圏で酒を求めて東奔西走するルポルタージュなのだ。
 イスラム教徒に酒は御法度。国自体がイスラム圏なら、飲酒は違法である。
 酒を飲んだら大河を撮り直す国家。
 まだいだてんロスから脱却していない者には想像しづらい。「この人を高座に上がらせてやってください! 落語以外はクズなんです! もうほんっとにクズで! クズの中のクズで!」と奥さんが懇願するようなアル中森山未來に1年夢中になったのに。
 逮捕は普通に嫌だけど。
 そう思っている旧帰蝶! この原稿を書いている貴様だ貴様! 貴様は高野秀行先生に勝てない! 麒麟も来ない! 0.5秒で本能寺する!
 先生がアル中になった(本人は休肝日がないだけと主張されている)理由は、アヘン中毒を治すために酒を飲んでいたから、であり。
 アヘン中毒になった理由は、ゴールデントライアングルに潜入してケシ栽培を手伝ったルポを書いたからだ。このことは「アヘン王国潜入記」(集英社文庫)に詳しい。
 目を血走らせている間に、あらすじのターンが終わってしまった。
「ヒヒッ、こいつは上物だ」

 飲酒は御法度のイスラム圏。高野先生が酒をゲットする方法は単純である。
「現地の住民と仲良くなる」
 単純すぎて難易度が高い。5年以上の付き合いの同世代に「友だちになってくれる?」と聞いてしまうヤツ(わたくし)には無理だろう。
 そういう「お前、何年ただの他人と行動してるつもりだったんだよ!?」とドン引きされるような不器用者は、いろいろな人間が存在することに安心する。
 多様性という言葉は毎日目にしても、毎日接する人間は固定されているものだ。
 日常に「多様」はない。
 毎日接するのは、だいたい似たような人間である。
 不器用者ポジションも特に変化はない。3日どころか3秒も天下はとれない。雑兵沢尻エリカである。
 が、高野先生は違う。ほんとうにいろんな人と仲良くなる。
 反抗期の大学生、根っからのアウトロー、シャイロック完全再現、イスラム圏在住異教徒、へべれけすぎてなんかもうようわからん人。
 そういう人たちに彼は問う。手を変え品を変え心をこめて問う。
「酒はないか?」
 カタールで、パキスタンで、アフガニスタンで、チュニジアで、イランで、マレーシアで、トルコで、シリアで、ソマリランドで、バングラデシュで。
「酒はないか?」
 しつこいようだが酒は御法度である。
 御法度のものをゲットするのだ。飲むためだけに。日本に帰国すればいくらでも飲めるのに。そもそもイスラム圏に来なければ飲めるのに。
 いだてんのごとく走り、河童のごとく泳ぐ。スポーツマンシップゼロで、がむしゃらに。
 酒を求める。
 なんだよ……ッ。何考えてんだよ……ッ。この……ッ。
 おもしろいんだよテメエッ!
 目を血走らせての東奔西走が! おもしろいんだよこのアル中ッ!。
 なんでこんなに……。アル中が「至急酒をキメなければならない」と走り回ってる本が、こんなに、こんなにおもしろいんだよッ!
 アンサー。誰の尊厳も侵すことがないから。
 イスラム教徒は怖い。こちらをご覧になっている中にも、そう思っている方もいるかもしれない。少なくとも、我が家のママンは思っている。朝ドラか大河にイケメンイスラム教徒(優等生系好青年)が登場するまで思っているだろう。登場しても1話抜けたら話がわからなくなる濃厚ストーリーだと無理だ。
 まっとうな社会人をしている人は、米のとぎ汁くらいの濃度の情報量しか摂取できないのだ。
 そのぐらいに日本は疲弊している。あるいはNDMAをやっている。ママンだって、劇的プライベート沢尻エリカ状態になる娘に疲弊しているだろう。でなくば、仏壇にカラフルな錠剤が隠されている。
 いだてんが歴代大河最低視聴率な理由はそれ以外にない
 違っても自身を納得させるためにはそう思うしかない! なんでだよ! あんなにおもしろかったじゃないか! 1分目を離したら話についていけなくなる濃厚さだぞ!
 ……いったん、お互い冷静になろう。
 この本に登場する国だけででも10国(非承認含む)ある。みんなイスラム圏だ。10国でもイスラム圏のほんの一部にすぎない。
 全員怖いと言い切るには、あまりに母数が大きくないだろうか。
「日本人が全員納豆好きってわけじゃないだろ」と、アッシュ・リンクスも言っている。「日本人だから好きだろ!」とダンボール一杯の水戸納豆をもらっても困る日本人だってたくさんいるのだ。
 茨城土産に水戸納豆を買うなら、相手が納豆好きかどうかを知る必要がある。ダンボール一杯贈るなら、冷蔵庫のサイズも知らねばならない。
 イスラム圏をイメージするなら、イスラム圏の生活を知る必要があるのだ。
 そして生活(生タイプ)を知るのに、「酒はないか」とさまようアル中ほど適した逸材はいない。
 ……ちょっと断言しすぎた気がするな。
 訂正。
 目を血走らせて引っかき回した本棚にも、意外と少なかった。
 高野先生はここに登場する人々に、会う前から偏見を持たない。
「この人はどういう人間か?」に対するアンサーを出すのは、必ず「酒を買ってから」
「酒の入手場所を聞いてから」「酒の購入を断られてから」「買えそうだったけれど、あてが外れてから」そして、「一緒に酒を飲んでから」である。
「酒はないか?」と聞かなければ、人間性の判断は始まらないのだ。
 重要だが忘れがちなことを、一冊ずーっとやっている。
 酒が手に入れば喜び、あてが外れたら怒り、飲めばへべれけになる。相手によって飲める飲めないは違う。みーんな違う。
 世界は多様性に満ちている。
 いだてん最終回オリンピック開会式のごとく、多種多様な人間がいるのがこの地球だ。
  確かに私は沢尻エリカ演じる帰蝶を楽しみにしていた。
 薬物所持で逮捕された女優を持ち上げるのはいかがなものか、とおっしゃる方もあろう。
 買いかぶらないでいただきたい。沢尻エリカのような大女優の実生活が、わたくしのごとき凡俗と関わっているわけがない。画面の向こうの人を演技以外で持ち上げる能力があれば、投資でヒルズに住んでいる。
 目が血走ってイっちゃっているときの自分をAmazonの規約に抵触しないようにぼかしたに過ぎない。誰だって、てめえのツラには少しでもきれいなモザイクをかけたいものだ。
 しかも、いだてんが終わってしまったのだ。麒麟が来るにすべてをかける他ないだろう。
 そう。もう一度言う。沢尻エリカ演じる帰蝶を楽しみにしていた。が、別の人が演じる帰蝶もイイかもしれないのだ。
 イスラム教徒を怖がるのも、麒麟が来るに絶望するのも、沢尻エリカの復帰を諦めるのも、早計である。
 いったん落ち着いて、イケメンイスラム教徒と恋愛関係の沢尻エリカが登場する近代史大河を、麒麟が来るを観ながら全裸待機すべきだろう。
 うん。この本はダウナー系だな。
 
 アル中と沢尻エリカをここまで連呼してしまう、「イスラム飲酒紀行」いかが?



 ブログ拍手パチパチありがとうございました!

 投稿サイトの評価ブクマ等、ありがとうございました!


 Kindleにて著書販売中! https://amzn.to/372sSi8

 Amazonのほしいものリストを利用して、書籍の援助を求めています。 https://amzn.to/2CQNgHe

 ギフティで応援してくださる方はこちらから! https://giftee.co/u/ukikusado

 マネーで応援してくださる方はこちらから! https://ofuse.me/users/616

 お仕事のご依頼はこちら youkai@m3.kcn.ne.jp

スポンサーサイト



読書はたのし「全訳 源氏物語」

 

   ものになったことは何一つない。
 読むことと書くことだけが続いている。
 だから連載という形をとり、本について書いていこうとしている。面白かった本をオススメしていこうとしている。
 魂の欠片をご笑覧されたし。

「全訳 源氏物語」
 著紫式部 現代語訳与謝野晶子


 源氏物語を薦めることは難しい。
 ガンダムを薦めろと言われたら、たいていのガンヲタは困るだろう。なぜ突然ガンダムかって? 困る理由がかぶっているから。
 まず、長い。ついで、登場人物が多い。三番目に専門用語(歴史用語)が多い。
 何より困るのは「日本人なら誰でも知っている名作」であることだと思う。
「名作なら薦めやすいんじゃね?」と、いうご意見にはこう返したい。
「名作だと知っているのに読んで(観て)いない。そこまで読む(観る)気がしないのだ」
 そう。
 歴史に残る名作とは、歴史に残る鉄板のハズレなし作品だ。読む気があるなら、薦められる前に読んでいる。それを読んでいないというのは、鉄をブチ抜く勢いで興味がないのである。わたくしもガンダムは観ていないし、今後も絶対に観ない。
 こういった鉄の意志の元は、上記三点の理由がほとんどだ。覆すことが不可能な理由三女神がそろってしまっている。
 その上、他の理由も多々ある。それだけ知名度が高いのだ。わたくしの場合「元彼(遠恋)に、爪に火をともすように交通費を貯めて会いに行ったら、強制的にガンダムUC自宅鑑賞会を始めた。そして第二話までの段階で全ストーリーをネタバレした」という理由で拒絶している。
 ガンダムは一ミリも悪くない。むしろ、名作だからこそ、ネタバレした元彼のとばっちりを食らっている。こういう理屈を超えた私怨が一番くつがえらない。
 
 なら、なぜ最初に「源氏物語」を?
 思い出していただきたい。これは本をオススメする連載である。
 オススメされた本がつまらなかったら、文章いかんに関わらずおしまいである。
 が、それは読者の感性という、振れ幅がジャイアントスイングな基準値なのだ。
 わたくしが「おもしろい!」と思っても「否!」な人も多い。それが読書。ヤバイ連載を始めてしまったな。
 博打は嫌いだ。せめて初手だけでも手堅くいきたい。源氏物語なら、「こんなものを紹介する感性死者の連載」と、判断する人はいまい。「千年のベストセラーだけど、ノットマイマッチ」で済むはずだ。
 また、この文章を読んだ方が「源氏物語」が読まれなくても、ダメージは少ない。なんせわたくしもガンダムは観ないのだから。
 現代語訳は多々あるが、ここでは与謝野晶子訳を紹介したい。両先生のイメージがかぶるからである。お二人とも「心まで鋼鉄に武装するババア」だ。
 イメージが共通するなら相性はよい。帝都も守るに超したことはない。

 さて、あらすじのターンに入ろう。
 時は平安。光源氏が、さまざまな女性と恋愛する話である。
 今、だいたいの読者が「知っとるわ」とつっこんだと思う。思うけれども、ネタバレしないあらすじを書くとこれだけなのだ。
 千年ベストセラーであり続けるためには、研ぎ澄まされたシンプルイズベストさが必要なのだろう。くっ、書いているわたくしが被弾してしまった。その通り。シンプルかつ各回キリがよいため、長いわりにサクサク読めてしまう(シャツを裂いて止血しつつ)
「ツラがいいだけの女たらしに魅力なんかない」と、感じる方もいるだろう。中二病をこじらせて夏休みに原文読破をした浮草堂美奈(13)も思った。
 お待ちください。これは二次元です。源氏物語は二次元です。二次元の男が女にモテてるんです。どこが魅力ってそりゃあ……。
 ツラがいいんだよおおッ!
「なぜモテる?」に対するアンサーとして、ここまで強力なものがあるか。おい、聞いているのか、そこの校則通りの芋中二病小娘!二次元のツラのよさの威力をたたき込んでやる!
 日本中の電力を集めた陽電子砲の一撃と同威力だ!
 たとえ、その一撃に「男はツラだけじゃない…ッ!」と耐えられたとしても……。
 帝の次男、コミュ強、金持ち、和歌音楽絵画に秀でている、上流貴族などという「ハイスペック」という第二撃が襲ってくる!
 この男の魅力に耐えきれる読者はおるまい。ロックオンイコール撃墜だ!
 こいつが惚れるのだから、女の方もすごい。「どのハイスペ美女が好みですか?」である。誰もがなにがしかに秀でている。よりどりみどりの才媛ぞろいだ。
 では、ブスの話をしよう。
 いるんである。ブスも。
 百花繚乱たる源氏物語の女たちの中にも、燦然たるブスがいる。せっかくの機会だ。ブスの話をしよう。
 名前は末摘花。
 源氏物語に登場する名前は職業orあだ名である。
 その中で唯一、悪口がそのままあだ名になっているのが、この末摘花嬢である。
 紫式部先生、ひどい。
 二人の出会いは、光源氏が「身寄りを亡くした女がいる」と小耳にはさんだので口説きにきた、から始まる。
 口説くのに事前情報がそれだけ?
 甘い!
 それぐらいあれば多い方なのが、光源氏という男だ!
 いい女の気配を感じただけで、前生の縁があると口説く! 光源氏の定番モテテク前生の縁! 何回転生しているつもりだ貴様!
 そういうわけで、いつもより事前情報多めで口説きに来た。しゃれにならないほど貧乏な女だった。手始めに衣食住を貢ぐことにした。
 手始めに貢ぐものが衣食住! 千年のスパダリは格が違う。なんせ時代は平安だ。女はみんな御簾の中にいるのだ。まだ顔すら見ていないのだ。なのに衣食住を貢ぐ! これがスパダリの始祖光源氏! アンタが帝にならなくてよかった!
 ひたすら衣食住を貢ぎ続け、ようやく顔が見られたら――。
 ブスだった。
 これはツラがイマイチな女というわけではない。ツラはイマイチだが癒やし系枠なら別にいる。
 末摘花はツラも性格も行動も。
 すべてブスなのである。
 紫式部先生、恐ろしすぎる。
 単純に「ブスを書いてくれ」だけのオーダーなら、わたくしでも書けるだろう。
 しかし、「千年後もブスとして通用するブスを書いてくれ」と言われたら。
 昭和と令和の間30年ですら、あらゆる価値観が変化しているのに。
 無理だ! 土下座して靴をなめてでも勘弁してもらう!
 紫式部、格が、違う。
 見事。
 千年たゆまぬブスを書いた!
 光源氏やその女たちをはじめ、源氏物語の美形は全員ふわっとした容姿説明である。
 雰囲気が気に入ったら、読者はそれぞれ理想の推し容姿を想像できるのだ。結果、千年の美形価値観の変化にも対応できている。
 反動のように、末摘花の容姿についてはとても細かい描写がある。末摘花の由来からして、赤くて変な形の鼻である。悪口だ。訴えられたら負ける。
 性格もブスである。
 さっきツラがいいのはヤシマ作戦と同程度の魅力と言ったばかりだが、交際するならツラより性格が重要となる。どうしてもなる。
 重要なので、性格はさらにブスである。
 悪いのではない。善良に心身ともにブスなのだ。ブスに気合いを入れすぎだ。流石、心まで鋼鉄に武装するババア。容赦ない。
 末摘花は気が弱く、ネクラで、行動全て古くさく、そのくせ頑固なのだ。
 これで容姿が美少女なら、打ち切り漫画のテンプレヒロインだろう。そこは千年のベストセラー、きっちりブスである。容姿のアカンところの描写がとても細かい。それを超えて性格がアカン。
 光源氏に文(手紙)も返せない。ツンしているのではない。返事をする勇気が出ないのだ。
 家のものたちが必死に励ましても頑固に勇気を出さない。光源氏が見捨てたら食うにも困るのに。そういうところが頑固だアカン。
 やっと文を返したと思ったら、和歌文字文章字紙すべて化石センスだった。源氏物語において文のセンスは戦力とイコールである。
 光源氏がガンダムUCだとしたら、末摘花はたまごっちという戦力差だ。ヤバイ。
 文だけでなく、全行動がこんなカンジなのだ。末摘花は。ヤバすぎる。
 もし、光源氏が「こんなにいい女はいない」と思って恋愛をしていたら、源氏物語は平安時代と同時に終了していただろう。
 光源氏本人が「ヤベエのひっかけたな……」と思いながら恋愛しているから千年のベストセラーなのだ。
 みすぼらしい野良犬に餌をやりに、橋の下に通っているカンジ。
 うまいものを食べさせても、洗っても、服を着せても。何をやってもみすぼらしい。でも、とてもとても懐いている犬。そういう野良犬を蹴ったら、優雅なコリーを蹴るよりド外道に見えてしまうものだ。
 光源氏は犬を蹴るのが趣味の男ではない。その象徴がみすぼらしい野良犬である。
 こいつ何やっても汚ぇな。でも、ほっとくのもアレだし……。
 ブスだからこそ、末摘花は光源氏の女たちの中でもっとも捨てられない女なのである。
 光源氏は末摘花を捨てないから、光の君たりえるのだ。
 一人のブスだけでここまで語れる。
 源氏物語、いかが?

次回更新 12月27日(金)


 ブログ拍手パチパチありがとうございました!

 投稿サイトの評価ブクマ等、ありがとうございました!


 Kindleにて著書販売中! https://amzn.to/2VwCrRC

 手元不如意につき、Amazonのほしいものリストを利用して、書籍の援助を求めています。
https://amzn.to/2CQNgHe

 ギフティで応援してくださる方はこちらから! https://giftee.co/u/ukikusado

 マネーで応援してくださる方はこちらから! https://ofuse.me/users/616

 お仕事のご依頼はこちら youkai@m3.kcn.ne.jp



プロフィール

浮草堂美奈

Author:浮草堂美奈
小説書き。
オンライン掲載の更新情報、オフラインの出没販売情報、まほろばな日々等を掲載しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード